Baby&Kids

4歳は我慢を練習する時期。「ダメ」の妥協を教えず協調へと導く

vol.698【1日1成長お母さん】今の子どもが待てる程度の時間から、待つことに挑戦させよう

我慢できる子になってほしいと思ったら、まずは「待つ」ことから教えよう

4歳頃になると、子どもはわがままを言うようになります。 お母さんにとっては育てにくさを感じる時期ですが、我慢の心を育てるチャンスでもあります。我慢の心を育てるのは、要求を拒否し叶わない経験をさせるのではなく、まずは「いいよ」と受けとめ「~したらね」と条件を提示します。願いが叶うまでに時間がかかるという経験から、我慢の心が育っていきます。

わがままを言ったら買ってもらえることを、子どもはわかっています

4歳のKくんは、お母さんとスーパーに行くたびに「お菓子を買って」とねだります。「ダメ」と言われたくKくんは大声を出して泣いています。どうしようもなく買ってしまうお母さん。Kくんは泣き止みますが、このままでは我慢ができない子どもになってしまいそうで心配です。“次は泣き落としに負けない!”と心に決めて「いいよ。全部の買い物が終わったらね」と少し待つように優しく伝えました。その意志を貫き約束を守ることが大切です。

子どもの行動はすべて、今までの経験によって学んだ成功法則なのです

子どもの中にある“泣き叫ぶと買ってもらえる”という考えは書き換えていきましょう。「いいよ」と受け入れた後は、今子どもが待てる程度の具体的な時間や日にちをはっきり伝えます。全部の買い物が終わったら…が守れるようになったら、明日になったら…と少しずつ待つ時間や日数を増やしていきます。明日が日曜日になり、だんだん今日は買えない日…と理解できるようになります。「約束を守れて嬉しいわ」と小さな我慢を認めてあげましょう。

頭ごなしに「ダメ」と言わず、待つ練習を徐々にレベルアップしていく

「ダメ」と言われると、子どもは自分の主張を貫こうとします。「いいよ」は反抗心が弱まります。あくまでも待つことを学ぶための方法です。無茶な条件を付ける必要はありません。子どもの段階に合わせて日数を重ねていきましょう。徐々にレベルアップし、定着を目指します。習慣は1日で変わるものではありません。お母さんも焦らずに子どもの成長を見守りましょう。ときには後戻りがあっても、必ず前に進んでいけます。

今日の1日1成長

4歳で育む我慢する力は、子どもの待てる時間を徐々に長くして導こう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの計画力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!