Baby&Kids

我慢を身につけていくとき、まず初めに挑戦していくことがあります

vol.749【1日1成長お母さん】待つことで自分の願いが実現する体験を、たくさんさせよう

我慢を学ぶ4歳児、待つこともその一つ。できる時間から始めてみよう

我慢できる子に育てたかったら、まずは“待つ”ことから教えてあげましょう。始めから長い時間を設定するのではなく、子どもが待てる時間から始めます。そしてその子の成長に合わせて、少しずつ延ばしていきましょう。始めは少し待てば叶うことから体験させてあげます。待つことを学ぶために、少し頑張ればできそうな時間や日にちからがポイントです。始めから無茶な条件を付けて、心をくじかないよう心がけます。

少し待てば子どもの欲求が実現する体験は、お母さんとの信頼関係にもなる

夕食後の洗い物をしているお母さんに「見て見て!」とかけよるRちゃん。「ダメダメ後でね」と伝えたいところですが「いいよ。あと5つ洗ったらね」と伝えます。「1つ、2つ…最後の5つです」と伝えながら、終わったら「待っててくれてありがとう」と子どものして欲しいことに真剣に向き合ってあげます。時間の理解がない年齢は待つ時間の過程を、お母さんの今していることで伝えると安心して待てることもあります。

“お母さんは必ず自分の気持ちを受け止めてくれる”この確信が我慢を育てる

我慢とはあきらめることではありません。自分の願いを実現するためにすることです。我慢することで、願いが叶う、努力すれば思いが実現する。そんな積み重ねが子どもの自信になります。待てば自分の欲求が叶えられることを学ぶために、お母さんは「ちょっと待ってね」「後でね」の後に“必ず”子どもと真剣に関わってあげましょう。お母さんがいつも自分を見てくれる事に安心し、待つことで自分の欲求が叶えられると学びます。

子どもとの約束は必ず守ろう。その習慣が子どもの我慢できる心を育てます

すぐに子どもの相手が出来ないときが、お母さんにはたくさんあります。仕事と子育てを両立して忙しかったり、子どもが1人の時はともかく2人3人と増えればなおさら。「妹ちゃんのおむつを替えるまで待ってくれるかな?」「電話でお話が終わるまで、少し待っていてね」と子どもの目を見て応えてあげましょう。子どもとの約束をいつも守っていれば“いつ願いが叶うのか”“どうすれば叶うのか”が分かることで子どもは安心できます。

今日の1日1成長

待つことで自分の願いが実現する体験を、子どもにたくさんさせてあげよう
子どもの忍耐力も1成長、お母さんの責任力も1成長。
さわどあさみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!