Baby&Kids

「ありがとう」は、人の役に立つ子どもを育てる魔法の言葉!

vol.751【1日1成長お母さん】子どもを評価する言葉より、感謝する言葉を伝えよう

人や社会の役に立つ大人になるために、掛けてあげたい言葉は「ありがとう」

「どんな人に育ってほしいですか?」子育てをしているお母さんに質問をしてみると様々な答えが返ってきます。皆に共通しているのは「人や社会の役に立つ大人になってほしい」ということではないでしょうか。そのために「しっかり勉強して人の役に立つ大人になってね」と声を掛けたりすることもするでしょう。しかしもっと効果のある魔法の言葉があります。それは心を込めた「ありがとう」です。

「ありがとう」と言われると幸福感を感じ、貢献心のある人間へと成長する

子どもは教えられなくても「誰かの役に立ちたい」という本能的欲求を持っています。それを心理学で“エフェクタンス(効力感)”と言います。人は誰かから「ありがとう」と言われると、その欲求が満たされて幸福感を感じます。もちろんどんな人に言われても嬉しいものですが、大好きなお母さんであれば、なおさら大きな喜びとなります。そして思いやりや貢献心のある人間へと成長するのです。

貢献の喜びを知っている子どもは、行動自体にやりがいや幸せを感じる

子どもがお手伝いをしてくれたとき、何気なく「偉いね」と言うことがあるかもしれません。しかし「偉いね」は子どもを評価する言葉です。評価をされ続けた子どもは、評価を気にしすぎるようになります。そしてその言葉を得たいがために行動を起こすこともあるでしょう。その一方で「ありがとう」と感謝の言葉を言われた子どもは貢献する喜びで満たされます。貢献の喜びを知っている子どもは、行動自体にやりがいや幸せを感じます。

「生まれてきてくれてありがとう」と存在そのものに感謝する言葉を伝えよう

毎日家事や育児に励むお母さんは、子どもから「ありがとう」とたくさん言われることがあるでしょう。でもこれからは「ありがとう」と言われるお母さんよりも、子どもにたくさん「ありがとう」を言うお母さんを目指してみてはいかがでしょうか。お手伝いをしてくれたときなどはもちろんですが「生まれてきてくれてありがとう」と、子どもの存在そのものに感謝する言葉を伝えると、貢献心だけでなく揺るぎない自信もつくはずです。

今日の1日1成長

人や社会の役に立つ人に成長するために、子どもに「ありがとう」と伝えよう
子どもの貢献力も1成長、お母さんの感謝力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!