Baby&Kids

子育ては減点法より加点法!成長を認めるとグングン伸びる!

vol.781【1日1成長お母さん】できないことを責めるより、できたことにフォーカスしよう!

毎日イライラ!その原因は、子どもを減点法で見ているからかも?

子育てをしていると、どんなにかわいい我が子でもイラっとする瞬間はあるものです。約束や決まりごとを守らない、返事だけで動かないなど、お母さんのイラっとポイントは探せばいくらでも出てくるもの。ついつい口うるさく小言を言いたくなるのも自然なことです。「またやってない!」「何回も言わせないで!」お母さんならきっと言ったことがあるでしょう。減点法で子育てをすると、こんな声かけが増えてしまいます。

気持ちをくじく減点法は今日で終わり。子どもの成長はどんどん加点しよう!

減点法は、あるべき姿を100点満点として描き、できていないポイントを減点していく考え方です。“こうあるべき”100点のイメージがお母さんの頭にあると、そこから外れた状態が減点されていきます。部屋の片づけなら「床のおもちゃは片づいたけれど、机の上に鉛筆が置きっぱなしだわ」というように。そして「まだ鉛筆が片づいてないわよ!」となるのです。子どもは頑張って床を片づけたのに、叱られたイメージが残ります。

先に現状を認めると自信が生まれる。子どもの成長を言葉にして伝えよう

それに対して加点法は“昨日よりできた”“前より頑張った”など、以前より前進したことにフォーカスします。「床が綺麗に片づいたね。あとは机の上の鉛筆だね」と言うと、同じ“鉛筆が片づいていない”指摘でも子どもの受け止め方は違います。床を頑張って片づけたことを認めてもらっているので、指摘も受け止めやすいのです。このとき比べるのは他の人ではなく、あくまでも過去の子ども自身であることがポイント。成長したことを認めるのです。

理想を100点として測るのではなく、今日のこの子が100点と見よう!

お母さんの100点に子どもを近づけようとすると、どうしても減点法で評価してしまいがちになります。子どもはいつだって、今日が100点満点です。明日が今日より5点増えるなら、それが明日の100点です。現状を認めることで、子どもの意欲はぐんぐん伸びます。ぜひフォーカスの方法を変えて、子どもの「できた!」を積み上げましょう。

今日の1日1成長

子どもはいつも今日が100点!昨日からの成長を加点してあげよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!