Baby&Kids

これで効果アップ!叱る時は子どもにやってほしいことを伝えよう

vol.784【1日1成長お母さん】伝わるポイントは、同じ言葉をシンプルに3回、3段階!

叱っている間にヒートアップ!最終的に捨て台詞で子どもを泣かせてしまう

「子どもを叱っても全然聞いてくれない」と悩むお母さんがいます。お母さんだって好きで叱るわけではありません。子どものためを思って真剣に叱っていても、子どもがふざけていたり、あんまり心に届いてない様子を見ると冷静ではいられなくなるかもしれません。最終的に「そんな悪い子、もうしらないわよ!」なんて捨て台詞吐いて子どもを泣かせてしまうこともあるでしょう。

「うるさい」よりも「静かにして」とやってほしいことをシンプルに伝えよう

子どもを叱るとお母さんもストレスが溜まることもありますよね。なるべくストレスにならないよう、そして子どもの心を傷つけないよう効果的に叱りたいものです。叱るのは、ある特定の良くない行為を改善させるためです。行為を改善させるためには、子どもにやってほしいことをシンプルに同じ言葉で3回、3段階で伝えるのが効果的です。レストランで子どもが騒いでしまったときは「うるさい」ではなく「静かにして」といった具合です。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]