Baby&Kids

子どものモチベーションを左右する、お母さんとお父さんの関心

vol.793【1日1成長お母さん】いつも気にかけていることが伝わる言葉をかけてあげよう

気づいたことを言葉にして、子どもへの関心を示してあげる習慣をつくろう

子どもはいつもお母さんの関心がどこにあるかを、知らないうちに感じ取っています。妹や弟がお腹に宿ったころから、実際に生まれてくるころがそれを分かりやすく教えてくれます。今まで自分1人にあった2人の関心が、必然と弟や妹にいく様子に戸惑い不安になるお兄ちゃんお姉ちゃんも多いはず。お母さんとお父さんの関心は子どもが感じることのできる愛情。安心する空間であり、力の源なのです。

自分が目指すかっこいい男性“お父さん”に認められたいのが男の子の気持ち

保育園から帰ってきた夕食の時間、お父さんが6歳のKくんに「今日はどうだった?」と尋ねています。「うーん…」K君は答えに困っている様子。「最近はどう?何かあった?」とお父さん。一生懸命に気にかけるお父さんと裏腹にパッとしないKくんの反応です。実はKくん、質問に何から話していいのか分からないというのが今の本音。ときに詮索されているように感じ面倒だと思うことも。

一定期間、続けることで子どもとの距離がだんだん近づく承認の声かけ

日頃仕事で忙しいお父さん、まずは毎日顔を合わせた時とにかく子どもに対して気づいたことを口に出すことから始めてみましょう。「今日は青いTシャツだね」「今日のカバンは重そうだね。何が入っているのかな?」「腕に蚊に刺されがあるね」手をつなぎながら「手が大きくなった気がするよ」意味のある言葉でなくてかまいません。いつもと違う変化や感じたことを伝えましょう。それこそが「いつも見ているよ」という承認のメッセージになります。

いろいろなことを話してくれる関係を築くには、それまでの信頼関係が大切

関心を持ってくれていると心で感じられるようになると、自然と話したいという思いが湧くものです。何かある度に話したいと浮かぶ顔。関心は子どもの生活のモチベーションにもなっています。お母さん、お父さんが自分に関心を持ってくれていると自然に感じられる日常が、子どもの自信にも繋がっていきます。意識を子どもに向けて変化を感じ伝える時間を増やせば、自然と愛情が伝わり子どもの心の支えになっていくことでしょう。

今日の1日1成長

毎日の子どもの小さな変化を言葉にして、子どもとの信頼関係を深めよう
子どもの自信力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!