Baby&Kids

子どもの「やりたくない!」実は「やりたい!」に気づいている証

vol.799【1日1成長お母さん】習いごとがつまらないときは、他に楽しいことがあるからです

習いごと選びは、親の思いでなく子どもがワクワクする環境で選びましょう

子どもの習いごとを始めるとき、何をどこで習わせようか悩みますよね。大切なのは、子どもがワクワクできるか?ということです。素晴らしい指導者に子どもの才能を伸ばして欲しいと思うのも親心ですが、素晴らしい指導者って何が基準でしょう?優秀な成績にしてくれること?生徒数がたくさん?いくら評判の良い指導者でも、子どもとの相性も大切な要素です。子どものやる気を引き出す環境づくりのひとつが指導者との関係なのです。

「やめたい」と伝えられるのは自分の意思がはっきりした証拠

ピアノを習いはじめた小学1年生のAちゃん。お母さんは近所でも評判のよいピアノ教室を選びました。生徒さんの多くは、学校でもピアノの上手な子ばかり。でも、半年くらいした頃にAちゃんはピアノがつまらなくなったそうです。「やめたい」というAちゃんに対し、お母さんは、せっかく評判のいい教室なのになぜ?とイライラ。でもこれは、自分の意思をしっかりと言葉で伝えられるようになったということです。まずは成長と自己主張を喜びましょう。

子どもの本音を引き出すには気持ちを受け入れる。そして安心させる事が重要

続けてきた習いごとを「やめたい」というときには、他にやりたいことが見つかっている場合もあります。子どもの本音を引き出す方法に、アクノリッジ(承認)、リピ-ト&クエスチョン(子どもの言ったことをリピートしながら質問する)があります。「そうか今はつまらないのね」と認め、「ピアノやめたいの?」とリピートしながら質問しことで、「ピアノは好き!でも譜読みが出来ないと怒られちゃう」とAちゃんの本音も出てきました。

出来ないと思うと楽しくなくなります。出来ていることを教えてあげよう

どうやらAちゃんはピアノをやめたいのでなく、苦手な譜読みを先生に怒られることが辛かったのです。ピアノを楽しめるようにお母さんは、Aちゃんが以前に比べて譜読みが出来ていることを伝えました。「昨日よりも上手ね」など声かけ始めると、不思議と苦手と思っていた譜読みも上達していたのです。今、出来ていることを明確にしてあげると出来ない不安がなくなります。「やめたい」の背景にある本音を引き出して、やる気を育ててあげましょう。

1日1成長お母さん

「やめたい」の根底にある「やりたい」を引き出して応援してあげましょう
子どもの行動力も1成長、お母さんの受容力の1成長
わたなべみゆき(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!