Baby&Kids

勉強が得意な子に育てるコツ!外で自由に遊ばせよう!

vol.808【1日1成長お母さん】大自然の中で「楽しい!」と感じる経験が子どもの探求心を育てる

子どもが自ら学ぼうとし集中して勉強してほしいのなら、外で遊ばせましょう

小学校に入ったら本格的に勉強が始まります。「子どもには勉強を頑張ってもらいたい。しかも言われなくても勉強をしてくれたらいいのに」なんて考えることもあるのでしょう。子どもが小学校に入る前から幼児教室や通信教育、ドリルなど勉強するツールはたくさんあります。もちろんどれも素晴らしい教材ですが、勉強をすること以外にも、お勉強が得意になる方法があります。それは外で遊ばせることです。

「楽しい!」と思って勉強する子になるには、大自然に触れて五感を刺激する

子どもがやらされて勉強をするのと「楽しい!もっと知りたい!」と思って勉強するのでは、成果が全く違ってくるでしょう。勉強に限らず、子どもがあらゆることに興味を持つには「楽しい」と感じる経験が必要です。勉強と外遊びは関係ないように思われるかもしれません。でも何かに興味が持ち、好奇心旺盛な子になるには、大自然に触れて五感を刺激することが最も効果があります。

日々の生活でできることで充分!そこから子どもの探求心が生まれます

“大自然で五感を刺激する”といっても、常に森林や海に子どもを連れて行かなくてはならないということではありません。日々の生活でできることがたくさんあります。美しい夕日を見る、お花の匂いを嗅ぐ、砂を触る、アリがどこへ行くのか観察するなど、普段子どもがやっているようなことでいいのです。こうすることで「なんで夕日は眩しくないのかな?」「お花にはどうして色んな色があるの?」など「もっと知りたい」という探求心が湧いてきます。

小学生になっていても大丈夫!長い目で見て勉強を楽しめる子に育てましょう

探求心が充分に育った子は勉強にも興味を持てるようになるでしょう。「足し算は楽しい!」「字をたくさん知りたい!」と感じるようになると、勉強がはかどるはずです。すでに小学生になっている子でも手遅れではありません。勉強をさせるだけでなく、外で自由に遊ばせて好奇心を刺激してあげることいいでしょう。勉強は大人になっても必要なものです。目先の成果も大切ですが、長い目で見て楽しく勉強できる子に育てましょう。

今日の1日1成長

勉強が得意な子になるには机に向うだけでなく、外遊びをたくさんさせよう
子どもの探求力も1成長、お母さんの行動力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!