Baby&Kids

きれいね!大きいね!形容詞でコミュニケーション能力が高くなる

vol.819【1日1成長お母さん】子どもの気持ちは代弁せずに質問しよう!会話力のある子に成長する

「本当はやりたいのよね?」子どもの気持ちを代弁し過ぎないで!

Kちゃんはお友だちとの会話の中でいつも自分の気持ちを伝えられずにもじもじしていました。お母さんはそんなKちゃんがとても心配でKちゃんの代わりにいつも答えていました「本当はやりたいのよね?」「もう帰りたいのよね?」Kちゃんが伝えようとする前にお母さんは代わりに答えてしまっていたのです。お母さんが答えてしまうとKちゃんは自分がどうしたいのかだんだんと分からなくなっていました。

子どもは自分で決めたことを行動に移すことで自信になり成長する

子育てにゴールがあるとしたら、みなさんはどのように答えますか?それは自分で考え行動する“自立”へ導くことです。自立への1歩は、まずどうしたいのかを自分で決めることから始まります。Kちゃんのお母さんはKちゃんの気持ちを代弁することで自立への成長のチャンスを逃してしまっていたかもしれません。子どもの気持ちは代弁せず自分の言葉で伝えること。これが自立への1歩となるのです。

たくさんの形容詞を教えよう!コミュニケーション上手に成長します

語彙力のある子どもは、自分の気持ちをより多くの言葉で伝えることができるようになります。特に形容詞をたくさん教えることで感情表現が得意な子どもに成長をしていくでしょう。「きれいなお空ね」「おいしいリンゴね」「優しいわね」小さなころからお母さんがたくさんの形容詞を使ってお話をすることで自分の気持ちや感情を言葉でしっかりと伝えられるようになるのです。

感情を引き出すクエスチョン法でコミュニケーション上手に育てよう!

お母さんはKちゃんが自分の意見を自分で伝えられるように、普段の会話に形容詞を使いお話をするように心がけました。そしてKちゃんの感情を引き出すために代弁ではなく質問を多くするようにしました「Kちゃんはどう思うの?」「Kちゃん本当はどうしたいの?」これをクエスチョン法といいます。質問をされることでKちゃんは自然と自分の意見を伝えられるようになりお友達とのコミュニケーションが大好きな女の子に成長しています。

今日の1日1成長

コミュニケーション上手にするために形容詞とクエスチョン法で会話をしよう!
子どものコミュニケーション力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
神谷京子(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!