Baby&Kids

3歳は小さなことでも、1人でできることを増やしてあげよう

vol.822【1日1成長お母さん】お母さんの質問力で子どもの活動の幅を広げるきっかけをつくる

感情に左右されやすい女の子。3歳での自立が感情的になる機会を減らします

何でもお母さんに聞いて行動する女の子。それくらい自分で考えてやったらいいのにと思うお母さん。そんな未来に備えて3歳から自立する力を蓄えさせてあげましょう。それは4歳での問題解決の力に繋がっていきます。具体的な解決方法を見つける力は、思い通りに物事を進めることに繋がります。できないことで感情的になることも減らせるはず。5歳になっても、もう1度たどってやっていけば力になります。

遊びに慣れてきたら、やりたいことの準備からできるように導びこう

3歳半のKちゃんが「絵具をやりたい!」とお母さんに言ってきました。「わかった。絵具で遊びたいんだね。」「何から準備しようか?」と聞くお母さんに「絵具!」と元気に答えるKちゃん。他に必要なものを尋ねると「筆、バケツ…うーんと」と考えます。「どこにあるかな?準備できるかな?」とお母さん。「うん!」とKちゃんも笑顔で準備を始めます。子どもってやりたいことのためなら、喜んで色々なことに挑戦できるものですね。

3歳は「やりたい!」気持ちが強い時期。お母さんの質問力が子どもを伸ばす

お母さんが子ども1人で動ける環境を生活に整えることは自立を手助けします。その中で子どもに考えさせる質問をしながら気づきや発見を促し、次の行動に導いてあげましょう。すべてをお母さんにやってもらうことから、自分でやれることを増やしていきます。言えばやってもらえる、教えてもらいながらやることからのステップアップ。どんな小さなことでも、自分で考えて達成していく喜びに出会うことが貴重な体験です。

指示通りに動くことの得意な女の子に、依存しない心を育んであげよう

女の子は指示された通りにやったり、教えてもらいながらするのが上手で自立も早く見られます。教えすぎたり手伝いすぎず、自分で考えて自分のやり方でやってみる体験を沢山させてあげましょう。やりたいことを1人で実現する力は4歳での問題解決能力に繋がっていきます。日々のお母さんの何気ない質問で、自立した子どもへと導きましょう。次の段階に成長する未来の姿を想像して、子どもと接していきましょう。

今日の1日1成長

「何からする?」と次の行動を促す質問で、子どものできることを拡げよう
子どもの実行力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
さわどあさみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!