Baby&Kids

園での出来事が気になる?質問するよりずっと子どもに伝わる方法

vol.826【1日1成長お母さん】「汗かいたのね」見たまま伝えるだけで子どもの記憶の箱が開く!

離れているからこそ聞きたい親心だけれど、知りたいなら質問攻めはNG

年少さんも幼稚園にも慣れて、そろそろお友だちとも仲良く遊べるようになってきた頃。お母さんは毎日子どもがどんな風に過ごしているのか知りたくてウズウズしますよね。「何をして遊んだかしら?悪さをして叱られていないかしら?」そばで見られないからこそ気になるものです。お迎えの後、手を繋いで家に帰りながらこう聞くかもしれません。「今日は幼稚園どうだった?」と。

「忘れた!」は今このときを楽しんでいるから。肯定的に受け止めよう

「どうだった?」と聞かれた子どもはおそらく「楽しかった!」と言うでしょう。次の言葉を引き出したくて「何が?」と聞くのに、返ってくる答えはいつも「全部!」「忘れた!」様子を知りたいお母さんはあの手この手で聞き出そうとしますが、思う答えは返ってきません。実は3歳くらいの子どもには、記憶の力があまり育っていません。「忘れた!」というのは面倒くさがっているのではなくて本当なのです。

3歳は記憶の力が育っていない。無理に聞き出そうとしないことが吉

そもそも時間軸がはっきりしないため、子どもは過去のことや未来のことを順序立てて考えることができません。何をしたか思い出そうとしても、今日のことなのか昨日のことなのかが曖昧なのです。無理に聞き出そうとあれこれ質問するのは禁物。お母さんの求める答えをと焦り、適当に嘘をついてごまかしたり「全部って言っているでしょ!」と短気を起こしたりします。

見たままを伝えると思い出す。楽しい会話は子どもを観察することから

記憶力は前頭葉が発達する4歳過ぎから少しずつ育ちます。焦って聞き出そうとせず、見たままを言葉にしてください。「今日はたくさん遊んだのね。服に泥がついているわ」見たままを伝えると「そうそう!今日お砂場に水を引いて、みんなでトンネル作ったの!」と、思い出してくれます。お母さんの言葉がきっかけに記憶の蓋が開くのです。「楽しかったのね。教えてくれてありがとう」と伝えると、人に伝える喜びが分かるようになるでしょう。

今日の1日1成長

コミュニケーションは質問よりも認める言葉で劇的にスムーズになる!
子どもの表現力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!