Baby&Kids

子どもの嘘は普通のこと!?そしてSOSでもある!?衝撃の事実

vol.829【1日1成長お母さん】理由がある場合もあるので子どもの様子をしっかり観察しよう

嘘があったら心が成長しているとき。また子どもからのメッセージでもある

初めて子どもの嘘を目の当たりにしたときのお母さんの心情はかなりの衝撃が走ることだと思います。子どもは発達過程において4歳頃に嘘をつくという研究結果もあります。実は大人も含めて嘘をつくのは普通のことだとも言われています。その内容や対処の仕方によっては問題視しなければいけない事例も含まれますが、嘘も方便ということわざがあるように、その内容とタイミングと子どもの様子をまずは見極めることが重要です。

想像力の発達と創造の影響で“嘘”と“現実”の境界線が曖昧な時期にある

絵本やテレビ番組、最近では動画配信サービスなどで様々な疑似体験をしている子どもたちです。サンタクロースを信じて手紙を書くことも、動画で見たおもちゃを自分が実際に遊んだものと錯覚していることもそのひとつです。このような現象は、子ども自身はもちろん嘘だという認識はありません。これらの境界線の曖昧さが、成長と共に現実と非現実を認識しながら調整と区別をしていくのです。

嘘をつくことは知性と関連がある。社交性が高い子どもも嘘をつくことがある

研究結果では4歳までに9割の子どもは、嘘はよくないと理解するようになると言われています。心理学では健全な脳の発達において重要な成長段階のひとつであると考えられています。またIQの高い子どもは嘘をつくことが多いとも言われています。兄弟喧嘩でお兄ちゃんを負かそうと思ったときにとっさに「先にお兄ちゃんが…」と言う子は将来大物になるかもしれません。嘘が良いわけではありませんが、とがめるよりもまずは嘘に習慣性があるかどうかを見極めましょう。

嘘の目的を知り、悪いことだと一喝しない!誠実であることだけを教える

子ども自身も自分の心には嘘はつけないので「言ってしまった!」という反省心はあります。まずはお母さんが冷静に対処することが大切です。また子どもは叱られたくないからという理由と不安や恐怖から言ってしまう嘘もあります。目的は何だったかを聞いてあげましょう。そして「嘘はいけません!」と頭ごなしに強く叱るよりも効果的なのは、誠実に言動することが正しいということを強調するだけで、自分自身で学んでいきます。

今日の1日1成長

真実を話してほしいときは、本当のことを話してくれると嬉しいと伝えよう
子どもの改善力も1成長、お母さんの対応力も1成長。
森みきこ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!