Baby&Kids

内気な子は優しさを優先しているだけ。弱い子だと決めつけないで

vol.833【1日1成長お母さん】まずは悲しい気持ちを受け止めて、ぎゅっと抱きしめてあげるだけでいい!

始まったばかりの幼稚園生活。内気な子ほど親としては心配が尽きません

子どもが幼稚園に入園したばかりだと「今頃は楽しく遊んでいるかな?」「笑っているかな?」とお母さんは心配になってしまうもの。お迎えに行ったときに笑顔で帰って来てくれると安心しますが、泣いて帰ってきたらどうしますか?「どうしたの?」とあれこれと質問攻めにして聞きたくなってしまいますよね。でもそんなときこそ、まずは抱きしめてあげましょう。悲しかった気持ちを受け止めてあげることが大切です。

泣いている理由を話さない時は、話したくない時。無理に聞かなくてもいい

Sちゃんは内気な女の子。今年から幼稚園に入園しましたが、しょんぼり帰って来ることがよくあります。「どうしたの?」とお母さんが声をかけると泣き出してしまいます。心配したお母さんは、いろいろ聞いてみましたがSちゃんは答えてくれません。「先生に相談した方が良いのでは?」とお母さんは悩みます。こんなとき、必要なのは子どもの気持ちに寄り添うこと。お母さんに理由を話したがらないなら、無理に聞くことはやめておきましょう。

子どもが壁にぶつかるときは成長のチャンス!子どもの気持ちを最優先しよう

4歳くらいになると子どもには自分で解決しようという力が芽生えてきます。話を聞いてほしいときには自分から言ってくることが多いので、待ってあげることも必要です。こんなときこそ子どもの成長のチャンスです!先回りして解決に乗り出すよりも、今は壁を乗り越えようとしているときなのだと子どもの力を信じて待ちましょう。Sちゃんのお母さんは、ぎゅっと抱きしめながら「いつでも味方よ」「話したくなったら教えてね」と声をかけてその時期を待つことにしたようです。

内気な子は、弱いのではなく優しさを優先させているだけ。見守ってあげよう

内気で繊細な子ほど、親としては心配になります。でも我を通すよりも人と調和を大切にしている優しい子なのです。傷ついている我が子の姿に心を痛めるよりも、優しい子に育った事を誇りに思い見守ってあげましょう。泣いているときには子どもが求めていることを見極め、そのままを受け入れて心に寄り添ってあげることで本音が出てくることも。質問は「どうしたの?」から「どうしたい?」変えてみることで子どもが答えやすくなります。

1日1成長お母さん

内気な子は優しさを優先させているだけで、お母さんが思うほど弱くない
子どもの協調力も1成長、お母さんの受容力の1成長
わたなべみゆき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!