Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

自己肯定感を高める方法!「ダメ」を「いいよ」に代えるだけ

vol.846【1日1成長お母さん】ダメ出しは子どもの反発心を育て、いいよ話法は自己肯定感を育てます

子どもを心配しない親などいない。でも心配のし過ぎにも気を付けて

子育てにおいて、特に乳幼児期の幼い子どもを育てる場合、どうしても気になるのは、ケガをしないか、危なくないか、危険行為への注意が気になるお母さんが多いのではないでしょうか。危ないから登らないで!自転車なんてまだ早い!もう少し大きくなってからね。あまりに心配をし過ぎると口から出るのは「ダメよ!」「まだ早いわよ!」これでは子どもの意欲もなくなってしまいます。

好奇心からくる「やってみたい!」この気持ちが自立と自信に繋がります

子どもにとって学びは「楽しい!」そう思える好奇心からスタートします。大人から見たら小さなことかもしれない、少し危ないことだったり、まだ早いと感じることだったり。でも子どもの「やってみたい!」この気持ちがあるからこそ、それが原動力となり学びの力が育つのです。楽しいからやってみたい!やってみたら出来た!できたを繰り返したら、もっといい方法を思いついた!これが学びのサイクルのスタートです。

自己肯定感とは自己を肯定する力!肯定的な言葉が自己肯定感を高めます

最近よく耳にする自己肯定感。どんな自分も素晴らしい存在、価値のある存在。そう思える力です。この力を付けるためにはどんな子どもも肯定的に見てあげることが大切です。「ダメよ!」「あなたには出来ないわよ!」「失敗したら痛いわよ」普段かけている言葉は意外にも否定的な言葉が多かったりしませんか?自己肯定感を高める声かけって、いったいどうしたらいいのでしょうか?

「ダメよ!」は「いいよ!」に変えてみよう!子どもの可能性が伸びていく

「ダメよ!」言葉だけを見てみるとこれは否定語です。否定語を浴びて育った子どもは自分には「できない」「無理」など自己を否定的に見てしまう傾向が強くなるとも言われています。そんな時は「ダメよ!」の代わりに一旦「いいよ!」と受け入れてあげましょう。これを“いいよ話法”といいます。「いいよ!」はプラスの声掛けです。そのあとに「お母さんと一緒にやってみようね!」など条件を付けてチャレンジさせてあげましょう!きっと自己肯定感がむくむくと成長するはずです。

今日の1日1成長

「ダメよ!」を「いいよ!」に変えるだけで自己肯定感が高くなる
子どもの自己肯定感力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
神谷京子(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp