Baby&Kids

気持ちいい返事だけの子。行動に反映しないのは障害物があるから

vol.864【1日1成長お母さん】声かけと時間を区切る習慣化で切り替えて、気が散る元をなくす

返事だけはいい我が子。動かない=聞いてない、と思うことなかれ

「うちの子返事だけはいいのよね」「返事はするけれど違うことをしているのよね」「ご飯よ」の呼びかけにとても元気よく「はーい!」と返事をするけれど、気がついたらおもちゃで遊んでいる、テレビに釘付けになっているなど、お母さんの言うことを聞く気がないの?と思うことがよく起こります。「ご飯だって言ってるでしょ!」と怒鳴ってしまうというのも、大抵のお母さんが経験する子育てあるあるではないでしょうか。

子どもの脳は大人より未発達。ワーキングメモリーが少なく忘れやすい

実はこれ、お母さんの言うことをどうでもいいと思っている訳では決してありません。4歳前の子どもは、過去や未来のことを考えるのが苦手。今この瞬間、自分の身に起こっていることが全てなのです。これはワーキングメモリーと呼ばれる短期記憶がまだ十分に働かないことと関係しています。だからお母さんの言葉の通りにしようと動いていても、途中でテレビや大好きなオモチャなどが目に入って「あ!」と思ったら、その直前にしようとしていたことを忘れてしまうのです。

返事だけの子を叱る必要は全くない!指示を繰り返して覚えてもらおう

このときの子どもはお母さんの指示を忘れているので「何回言わせるの!」と言われても、急に叱られてびっくりしてしまうだけなのです。それよりもう一度はっきりと「ご飯だからお箸出してね」など、子どもの顔を見て指示を出した方が効果的。「あ、そうだった!ご飯だった!」と思い出し、行動してくれるようになります。このとき必要なのは思い出すきっかけを作ってあげること。叱らなくても大丈夫です。

切り替えるきっかけを作ると習慣化に一役買う。環境を整えよう

そもそもどうしてこうなるのかを考えると、気を取られるものが周りにたくさんあるからということも考えられます。そんな場合は、気持ちを切り替えて集中するきっかけを作るのも良いでしょう。ご飯の前におもちゃを片づける「ご飯よ」の合図でテレビを消すなど、決まりを作って習慣化すると、気をとられる要素が減ります。メリハリをつけて時間の区切りを作れると集中できてけじめもつけられるようになるでしょう。

今日の1日1成長

返事だけで動かない子には叱っても効果なし。繰り返して指示を出そう
子どもの集中力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!