Baby&Kids

ベビー肌着、どう選ぶ?おすすめブランドの商品もご紹介☆

赤ちゃんが着る「ベビー肌着」。子どもができるまではふれる機会のないものなので、新米ママやプレママは「選び方がわからない…」と思う人もいるでしょう。赤ちゃんが産まれたら知っておきたい肌着のアレコレを、今回はご紹介します。

肌着の選び方ポイントや、最後におすすめブランドの人気商品も集めました。赤ちゃんとの生活がこれから待っているママ、ベビー肌着について知りたいママはぜひ参考にしてくださいね。

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■ベビー肌着の選び方

出典:著者撮影

まずは、肌着の選び方から。ベビー肌着はいろいろなブランドから展開されているため、多種多様。その中からどれを選べば赤ちゃんにぴったりなのか、肌着・赤ちゃんそれぞれの特徴とあわせて、考えていきましょう。

・まずは基本。体にあったサイズを選ぶ

出典:著者撮影

ベビー肌着の選び方、基本となるのは「体にあったサイズ」です。とはいえ、赤ちゃんが産まれる前にベビー肌着を用意するときや、どのサイズがよさそうなのか見当もつかない…というときは、こちらのサイズ表を参考にしてみましょう。

◆size 50 身長50cm 体重約3kg 月齢0カ月
◆size 60 身長60cm 体重約6kg 月齢3カ月
◆size 70 身長70cm 体重約9kg 月齢6カ月
◆size 80 身長80cm 体重約11kg 月齢12〜18カ月
◆size 90 身長90cm 体重約13kg 月齢2歳

身長・体重は個人差があるので、あくまでも目安にしてくださいね。サイズ50の月齢0カ月というのは新生児。ベビー肌着に「新生児用」と書かれていれば、サイズ50であると考えてOKです。

・長袖や半袖。季節に応じて選んで

出典:著者撮影

ベビー肌着には半袖と長袖があります。夏は半袖、冬は長袖のものを選ぶとよいでしょう。生まれた季節によっては、長袖・半袖のベビー肌着は使わなかったということもあります。
赤ちゃんが産まれる前にベビー肌着を用意しておくママは、出産予定日を考えて用意してくださいね。

・短肌着、長肌着、コンビ肌着など……タイプで選ぶ

出典:著者撮影

ベビー肌着には「短肌着」「長肌着」「コンビ肌着」などがあります。これらの特徴を以下にまとめました!

◆短肌着
丈が短く、胴回りまでをカバーするベビー肌着のこと。夏に着用するのがおすすめです。また、赤ちゃんが足を動かしたがるときは、自由な動きを妨げないために短肌着を選ぶというママもいるようです。

◆長肌着
短肌着とくらべて、赤ちゃんの足首まである長い丈の肌着のこと。筒状になっています。冬に着用するのがおすすめですよ。真冬の場合は、短肌着と長肌着を組み合わせるママもいます。

◆コンビ肌着
長肌着と同じ丈感をしており、股のスナップやひもの打ち合わせによって、左右に分けられるようになっているもの。産まれたばかりの頃は、長肌着のように使用して、生後2カ月頃になると足をよく動かすようになるので、分けてつかうのがおすすめです。

これらのベビー肌着の種類や違いをよく知っておき、ママの使いやすいものを選びましょう。

■ベビー肌着を選ぶ際のポイント

ベビー肌着を選ぶときには、ポイントがあります。早速、ご紹介していきましょう。

・常識?縫い代は表に出ています

出典:著者撮影

通常、服の縫い代は内面に隠れていますが、ベビー肌着は縫い代が表に出ています。これは、赤ちゃんの敏感な肌を優しく守るため。赤ちゃんは、服のシワでさえ痛くて不快に思うこともあるそう。そのため、各メーカーから販売されているベビー肌着の縫い代は、すべて表に出ています。
製品タグもぴよんと表に飛び出ているので、初めて購入したママは驚かないでくださいね。一部海外製品に縫い代が内面に隠れているベビー肌着もありますが、赤ちゃんへの刺激が強そうと感じたら、縫い代が表に出ているものを選びましょう。

・新生児期はガーゼ生地がおすすめ

出典:著者撮影

ベビー肌着を選ぶ中でも、特に神経を使うのが新生児のベビー肌着。産まれたばかりの赤ちゃんは肌がとっても弱いので、肌に優しく使えるガーゼ素材がおすすめです。
ガーゼは綿100%の素材。他にも、「天竺(てんじく)」や「メッシュ」、「ガーゼ」、「フライス」などが綿100%であり、新生児期のベビー肌着に選びたい素材です。これら素材は汗をよく吸収してくれるので、汗かきな赤ちゃんにぴったり。
ぜひ、覚えておいてくださいね。

・ひもやスナップなど、成長に合わせて打ち合わせの種類を選ぼう

出典:著者撮影

ベビー肌着には、スナップボタンやひも、ワンタッチテープなどがついています。これら打ち合わせを使って肌着を着せていきますが、新生児期は吐きもどしや朝晩の着がえなどで、着脱の機会が多い頃。ひもの打ち合わせが一般的ではありますが、簡単に留められるスナップボタンやワンタッチテープがママから人気です。
また、スナップボタンとワンタッチテープを比較すると、ワンタッチテープの方がより手軽に着脱できます。赤ちゃんの成長が進み、よく動くようになったら、素早く着せ替えられるようワンタッチテープに変えることもよいでしょう。
このように、成長に合わせて打ち合わせの種類を変えて選び、赤ちゃんとの生活を楽しんでくださいね。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE