Baby&Kids

しつけは怒ることでなく生きるための正しい行動を教えること

vol.868【1日1成長お母さん】しかる事も大切!適切なしかり方は子どもの心と社会性を育みます

子どもはいつも好奇心でいっぱい!叱る時は本当に必要な事だけにしましょう

子どもの行動には奇想天外な事が多く、私たち大人たちからは想像しないような事を時にします。子どもの予期せぬ行動におどろいて、思わず注意してしまいませんか?この時気をつけてあげたいのは、子どもを頭ごなしに怒らない事です。本当に注意が必要なのかをしっかり見極めてから、必要な事は適切に教えてあげましょう。子どもの行動にダメを言い過ぎてしまうと、後に影響を及ぼす事もあるので注意が必要です。

叱る事は大切な事!感情的に言うよりも理性的に伝えるほうが効果的です

子どもを叱るときは、危険なことや道徳に反すること(人を傷つける 公共のマナーを守らないなど)不健康なこと(早く寝ないなど)だけで良いのです。そして、叱るとは正しい行動を伝えてあげる事であって感情的に「怒る」のとは違います。子どもを心配するあまりつい「ダメよ!」などの否定する言葉を使いがちですが、行動を正す事が目的であるので子ども自身を否定する言葉は避けましょう。適切な叱られ方をする事で正しい行動がとれるようになります。

どんな小さな事も出来ていることを褒めてあげると自己肯定感が育ちます!

お母さんが思っているよりも意外に子どもは、いろいろな事が出来ているものです。少しでもできている時はたくさん褒めてあげると、自己肯定感が育ちます。また、大人と違って1度言ったことが伝わっていないことは良くあります。「さっきも言ったでしょ!」「何度いえばわかるの?」と感情的にならずに、3回は同じ言葉を繰り返してしっかり伝えてあげる事が効果的です。それでも効かないときは他のアプローチに切り替えましょう。

まずは子どもの気持ちを満たしてあげる事も必要!できる範囲で譲りましょう

それでも、どうしてもダメな時はまずは「いいよ」と言ってみましょう。公園でまだ帰りたくないという時にも「ダメ」の代わりに「いいよ!」「でも、あと5分だけね」と1回を受け入れてあげてから、してもらいたい事や条件を伝える事で子どもは納得できます。自分の要求を受け入れてくれた安心感から聞く耳をもつのです。否定する言葉を使わなくても、子どもを正しい行動へ導くことはできるので言葉がけを工夫して「ダメ」のない子育てをしてみませんか?

今日の1日1成長

しつけは子どもの社会性を育む為に必要なこと!心に届く言葉で伝えていこう
子どもの自信力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
わたなべみゆき(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!