Baby&Kids

ジッとできないのは長所です!叱る回数を減らして才能を伸ばそう

vol.870【1日1成長お母さん】ジッとできない子は自ら学び、チャレンジできる人へと成長します

ずっと動き回っている子どもとのお出掛けはリフレッシュになんてならない

家事や育児の合間にお買い物に行ったり、お友だちと一緒に子どもを連れてランチに行ったりするのはリフレッシュになりますね。しかし子どものタイプによっては、お母さんが子どもを連れてお出かけするのを苦痛に感じてしまう場合があります。ベビーカーや買い物カートの座席に乗せられるのを嫌がって降りようと試みたり、レストランでもジッとできずに動き回ったりしているような子どもです。リフレッシュどころか逆に疲れてしまうなんてお母さんもいるでしょう。

好奇心旺盛で衝動性が強いタイプの子どもは外出先でもジッとできない

人には生まれつき個性が備わっていて、それを気質といます。キッズコーチングではそれを5つのタイプに分類しています。そのなかに“アクティブタイプ”というものがあります。このタイプは好奇心旺盛です。そして衝動性が強いという特徴もあります。目に入るものにパッと興味が湧いて「近くで見てみたい」「触ってみたい」という欲求にかられた瞬間、体が動いてしまうのです。そのため外出先でもジッとできずに、お母さんを困らせてしまうのです。

「なんでこんなに手がかかるの?」と思う行動こそ、その子の才能の表れ

アクティブタイプの子どもを育てているお母さんは「走らないで!」「お店のものを触っちゃダメ!」と叱ってばっかりになってしまいますね。「なんでうちの子はこんなに手が掛かるの」なんて思ってしまうかもしれません。確かにこのタイプの子どもは手が掛かるような行動ばかり起こします。しかしその行動こそ才能の表れなのです。好奇心旺盛な性格は、なんにでも興味を持って自ら学んでいく子になります。衝動性の強さは、恐れずにチャレンジする行動力へと繋がります。

叱ることを“危険・不道徳・不健康”に絞ることで、才能を伸ばせる

アクティブタイプの子どもの才能を伸ばすには、叱る回数を減らすことが大切です。叱りすぎると気持ちが萎縮して、興味をもって行動するという強みを失ってしまうかもしれないからです。叱るのは“危険・不道徳・不健康”の3つに絞りましょう。叱りそうになったら、子どもの行動がこの3つに当てはまるかを考えます。当てはまってなければ、それは叱る必要のないことです。このタイプの子どもは小さい頃は育てにくさを感じるでしょうが、9歳くらいで落ち着いてくることが多くあります。

今日の1日1成長

手のかかる子でも、叱るのは “危険・不道徳・不健康”の3つに絞ろう
子どもの行動力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!