Baby&Kids

子どものやる気は自分の得意なことからぐんぐんアップしていく

vol.877【1日1成長お母さん】子どもの得意なことで人の役に立つ体験をさせてあげよう

人の役に立ちたいと思って行動できる子はもっともっと成長していく

0歳から6歳までの発達は未来の非認知能力につながる大切な過程です。子どもの経験するべき段階を発達や性格に合わせながら1つ1つ上り、自然と能力を高めていきます。キッズコーチングでは7ステップコーチングと言います。その上でその子の個性や能力をより発揮させていくことが大切です。自分のした行動が相手や環境に良い変化をもたらすことができたという効力感は、子どもがさらに前に進む力になっていきます。

子どもの数だけ本人の持っている強みがある、お母さんが発見してあげよう

何でも友だちに合わせるYちゃん。お母さんは自分の思いを出せないのかと心配します。でも相手の気持ちを見てサポートできる細やかなやさしさの持ち主です。思い立ったらすぐ行動したいUくん。じっくり慎重に考えてから行動するお母さんから見たらあさはかな行動に映ることも。でもその行動力が結果につながることもあります。世話好きのRちゃんは何か責任を与えたり友だち関係が良好なときほど、その力をより発揮してくれます。

人の役に立ちたい気持ちが満たされると、子どもの生きる力になる

お母さんと子どものタイプが違う場合、心配のあまり劣っている部分を強化しようと考えてしまいがちです。長所と短所は表と裏のようなもの、考え方によっては強みになっていきます。本人が効力感を味わえる環境は劣っている部分を補うよりも、本来自分の持っている良さを高めてあげる見方や環境から発揮されやすいのです。それが子どものやる気に火をつけるスイッチだったりもします。そして貢献する力がある子は更に成長していきます。

強みを明確に知ると自信を持って子どもを導ける。それは子どもの自信になる

お母さんが子どもの強みを明確に知れば、子どものできることを伸ばす環境を準備してあげることができます。かける言葉の選び方も変わってくるはずです。子どもが能力を発揮することは、楽しむところからすべてが始まっています。そして子どもの家でのお手伝いも、子どもが効力感を感じられるきっかけになっていきます。お母さんや家族の「ありがとう」が子どもにそんな体験を与えていくでしょう。

今日の1日1成長

子どもの得意なことが何かを知って、みんなのために発揮させてあげよう
子どもの貢献力も1成長、お母さんの適応力も1成長。
さわどあさみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!