Baby&Kids

赤ちゃん返りはわがままとは違います。上手に付きあってあげよう

vol.885【1日1成長お母さん】下の子誕生での赤ちゃん返りは、まず上の子を安心で満たしてあげよう

赤ちゃん返りからスタートし、だんだんとお兄ちゃんお姉ちゃんになっていく

下の子が生まれ、今までできていたことができなくなるお兄ちゃんお姉ちゃんがいます。お母さんにべったりしたり、お母さんとの関わりを取り戻そうと必死に甘えてきます。中には下の子に手を出してしまうことも。心が満たされるまで、お母さんがしっかり関わり安心させてあげることが最優先です。上の子と2人でふれ合う時間を意識的に増やしてあげましょう。

お母さんと赤ちゃんの会話の中に、上の子の話題をちりばめてあげよう

生まれたばかりのKくんの服を着替えさせます「今から服を替えようね…」実況中継をしながらも意識は上の子に向け赤ちゃんのKくんに話しかけます。「お姉ちゃんが赤ちゃんの時もこんな風に着せてあげたんだよ。でも今は1人で上手に着られるんだ。Kくんもお姉ちゃんみたいになりたいね!お母さん、とっても助かっているの」そして「どんな風に着るのかお姉ちゃんに教えてもらう?」「やって見せてくれるかな?」とお姉ちゃんに促すと笑顔で服を着てくれました。

お母さんの関心が自分にあることを実感できる瞬間を増やしてあげよう

下の子が生まれてお母さんの関心が自分から減ったと感じる上の子に、安心を取り戻してあげましょう。ゆっくりと時間をかけてお姉ちゃんになっていくのです。時に甘えを受け止めつつお姉ちゃんを承認する言葉をたくさん伝えていきます。下の子の対応に手を取られる時ほど上の子を意識して声かけをしましょう。下の子に語るように伝えると、よく聞いていることがあります。赤ちゃんも言葉のシャワーをたくさん浴びることができます。

お腹の中に下の子がいる時から始めれば、お姉ちゃんになれる日も早い

子どもはお母さんの意識がどこにあるかに敏感です。生まれたばかりの赤ちゃんより上の子の方がアンテナが立ちます。おっぱいを飲ませたり、おむつを替えたり付きっきりになる時ほど上の子を意識して言葉にしましょう。上の子にもいつも関心があると分かれば、不安な気持ちも落ち着いていくはず。できればお腹にいる時から3人で会話を楽しみ、お姉ちゃんのいい所や弟がお姉ちゃんを大好きなことを伝えてあげましょう。

今日の1日1成長

下の子の世話で手がふさがる時、上の子には言葉で関心を伝え続けよう
子どもの適応力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
さわどあさみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!