Baby&Kids

子どもを怒ってしまった!子どもの心の傷はお母さんの心の傷

vol.887【1日1成長お母さん】完璧なお母さんより人間らしいお母さんで愛情を伝えよう

理想通り子育てができないのが現実。お母さんも子どもも悪くありません

自分の子どもはかわいくて愛おしいもの。自分の人生には欠くことのできない存在です。大切な存在ですが時には感情的になり、大声で怒ってしまうこともあります。家事に育児に毎日大忙しのお母さん。急いでいる時などは特に心の余裕もなくなるもの。ですが子どもはいたってマイペースに行動し、なかなか思い通りには動いてくれません。良くないこととは分かっていても、つい声を張り上げて怒鳴ってしまうこともあります。

子どもを感情的に怒って自己嫌悪に陥るお母さんは、まじめで良いお母さん

感情に任せて子どもを怒っても、子どもに恐怖を与えるだけでお母さんが何に対して 怒っているのか理解できません。恐怖のあまり思考が停止してしまうのです。ですがお母さんもひとりの人間。感情的になることもあります。「今日も子どもを怒ってしまった」と寝顔を見ながら後悔したり「私はダメな母親」と自己嫌悪に陥ったり。理想の母親像からかけ離れた毎日を過ごし、子育てに行き詰まりを感じることもあるでしょう。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]