Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

「赤ちゃんとの生活は孤独」と感じたら、形容詞をたくさん使おう

vol.920【1日1成長お母さん】話しかけても意味がない?反応はなくてもちゃんと聞いています

赤ちゃんとの生活は孤独との闘い。そう感じたら、たくさん話しかけてみて

第一子を出産して子育てが始まると、赤ちゃんと二人きりの時間が長くなります。幸せな反面「今日は朝から誰とも喋ってない」と、日々の生活が退屈に感じてしまうかもしれませんね。
特に手の掛からないタイプの赤ちゃんの場合は、子育ての大変さよりも孤独との闘いが辛いというお母さんもいます。時間を持て余し、スマホをずっと触ってしまうという方も多いかもしれません。
そんなお母さんに是非やってもらいたいことがあります。それは赤ちゃんにたくさん話しかけることです。

0歳の時のお母さんの話しかけ方が、2歳以降の語彙力に大きく影響する

お母さんが話しかけても新生児の間は、はっきりとした反応はないですね。そのため「話しかけて意味があるの?」と思われるかもしれません。
しかし反応はなくても、赤ちゃんはお母さんの声をよく聞いています。0歳の時にお母さんがどれだけ話しかけたか、そしてどのように話しかけたかが、2歳以降に子どもが喋れるようになった時の語彙力に大きく影響します。
それこそが孤独から抜け出すカギなのです。

子どもがお喋り上手になれば孤独から脱却できる!形容詞を使って話しかけて

子どもの語彙力が高くなり会話が成り立つようになると、孤独を感じる瞬間が減るはずです。そのためには話しかける時にちょっとしたコツがあります。
それは形容詞を使って話しかけるのです。形容詞とは物事の性質や状態などを現したもので「○○しい」「○○い」で終わる言葉のこと。例えば“楽しい”“柔らかい”“美味しい”といったものがあります。
おむつを替える時に「さっぱりして気持ちがいいね」、散歩をしながら「風が冷たいね」など様々な形容詞を使って話しかけてあげましょう。

散歩のときはスマホを置いていくなど、話しかける時間を作るのもお勧め

おっぱいをあげる時はスマホを手に持たない、近所のお散歩の時はスマホを置いて出掛けるなどと決めておき、この時間は赤ちゃんにたくさん話しかけるようにするのも良いですね。
このような積み重ねをしておくと子どもが言葉を話せるようになったら、スマホを触る暇もないくらい会話であふれた生活かもしれません。また脳の中で話す機能と集中する機能が関係しています。
お喋りが上手な子は集中力が高く、様々な能力を伸ばしやすいというメリットもあります。

今日の1日1成長

反応はなくても聞いている。赤ちゃんに形容詞を使って話しかけよう
子どもの傾聴力も1成長、お母さんの会話力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp