Baby&Kids

赤ちゃんが物を投げる事も“いたずら”ではなく”学び“なのです

vol.930【1日1成長お母さん】「ダメ!」と言いたくなる行動こそ、止めずに見守ろう

身体の成長は分かりやすいですが、見えない心も一緒に成長しているのです

赤ちゃんの成長はとても早く感じます。ついこの間までネンネ期だったのに、寝返りをしたと思えば次はハイハイをして動き出します。0歳の赤ちゃんの体は1年間で著しい成長を見せます。
日に日に成長する子どもの姿は嬉しい反面、寂しい気持ちもありますよね。実は体の成長と共に”心“も成長していくのです。見た目には分かりにくい心の成長ですが、0歳は将来社会で生き抜く力を身につけるための重要な時期なのです。

五感を常にフル稼働しながら、実体験を通して物事を学んでいるのです

お母さんのお腹から出てきた赤ちゃんは目に映るもの全てが刺激的です。優しいお母さんの声や母乳の匂い、外で感じる冷たい風や太陽の明るい光。見るもの感じるもの全てを体全体で受け止め、それによって五感が刺激されています。
自分で動けるようになると手を伸ばして触ってみたり、口の中に入れ舐めて感触を確かめたりもします。何でも舐めたり物を投げたりされると、子どもにとって危険を伴うこともあるので目が離せなくなる時期でもあります。

何にでも興味を示すのは今だけ!このチャンスを最大限に生かそう

赤ちゃんの五感を刺激することが好奇心に繋がり、何でも「やってみたい」という行動力が生まれます。おもちゃや絵本を散らかしたりティッシュペーパーを全部出したりすること全てが学びの原点なのです。
お母さんから見るといたずらに思える行動ですが「ダメ」と言ってやめさせるのではなく、「できたね」「全部出せたね」と言葉にして伝えてあげましょう。手の届く範囲が増えるのも成長の証。「取れたね」と褒めてあげましょう。

赤ちゃんの感性を豊かにすることが、将来の行動力に繋がっている

将来子どもが社会に出た時、言われたことだけをする大人よりも新しいアイデアを生み出せる人になって活躍してほしいものです。それには0歳の時期にたくさんの刺激を与えることが、1歳の“やる気”に繋がり2歳の”集中力“へと発展していきます。
子どもが触ると危ないものも家の中にはたくさんあります。けれど、子どもが「痛い」と感じることも学びの一つです。お母さんが見守れるときは多少、危ないことなら挑戦させましょう。

今日の1日1成長

0歳の赤ちゃんの五感を刺激することで、将来の行動力に繋げよう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
吉田あき(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!