Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

完璧主義の子に「頑張って」は禁句!プレッシャーを与えない言葉

vol.941【1日1成長お母さん】努力を認める言葉がけと愛情表現で子どもの自信を育もう

完璧主義の子ほど自分ができないことを受け入れられず落ち込みやすい

完璧主義の子は、「何でもこなす」「優等生」といったイメージですが、実は完璧を求めすぎて「過度に失敗を恐れる」「できそうもないことはチャレンジしない」「思い通りにできないと癇癪を起こす」「自信がない」といったネガティブな面もあります。
幼い頃はすぐできることも多く、あまり失敗を経験していないので失敗する自分が受け入れられず落ち込むことも多いでしょう。

やりたいことはやらせよう!失敗してもどうするかを知れば積極的になる

「自分でやりたい!」ということをできるだけやらせてあげることにより、できることがだんだん増えていきます。「どうせできないでしょ?」と止めてしまっては成長を妨げているのと同じです。失敗しても叱ってはいけません。失敗したらその後どうしたらいいのかという解決方法を知るチャンスなのです。
小さい頃に失敗をたくさんし、自分で解決できる経験を積むことでチャレンジする子、積極的に行動できる子に育ちます。

「頑張ってね」ではなく「頑張ってるね」で頑張ってる気持ちを認めよう

完璧主義の子は完璧を求めるので努力を惜しみません。頑張っているのに「頑張ってね!」「やればできるよ!」と言われると「頑張っているのにわかってもらえてないんだ!」「もっと頑張らなきゃいけないんだ」「できない私はダメなんだ」とプレッシャーを感じてしまいます。
お母さんはプレッシャーを与えようと思っていなくても、そう感じてしまうほど子どもは頑張っているのです。「頑張ってるね」と認める言葉がけで安心させてあげましょう。

親からの愛が自信を育てる。魔法の言葉がけで自己肯定感を高めよう

自信がない子ほど評価を気にするあまりチャレンジする前に諦めてしまいます。「たとえどんな悪い事をしたとしてもあなたが大好きよ」とありのままの存在を認め、愛情が積み重なる事によって自信が生まれるのです。
寝る前など心が落ち着いている時に「大好きよ」と伝えることで心の安定にも繋がります。自己肯定感は幼い頃の様々な愛の形が土台となり作られていきます。“愛されている”という実感が大切なのです。

今日の1日1成長

結果ではなく過程が大事「頑張ってるね」で努力を認めて見守ろう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
杉岡由香(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp