Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

同じ女子だからこそ難しい、女の子の複雑な心を満たす秘訣

vol.946【1日1成長お母さん】本当の気持ちが見えてくるまで言葉を繰り返し聴いてあげよう

男の子と女の子、それぞれの子育てで大変だと感じる部分は違うことも

初めての子育てが男の子の場合、お母さんはドキドキする場面がたくさんあると思います。
理解の難しい男の子よりも女の子は分かりやすくていいなぁと感じる場面があることでしょう。特に真面目なお母さんは動き回りたい男の子や予想のつかない行動に、慣れるまでは気疲れも多いことでしょう。
しかし女の子も4歳前後から大人びた発言でお母さんを困らせることも。共感力がある分、感情も豊かで敏感にお母さんの思いをキャッチしていきます。

女の子の心の扱いは時に複雑。感情豊かな女の子の気持ちを抱きしめよう

4歳になろうとするHちゃんには6歳になるお兄ちゃんがいます。ある日、新しい本を幼稚園から持ち帰ったお兄ちゃんに「これからこの本、毎日一緒に読む時間を持とうね」とお母さん。
するとお兄ちゃんより先にHちゃんが「私は?私は一緒に読んでくれないの」とすねるように伝えてきました。「もちろんHちゃんも毎日一緒に見ようね」とお母さん。
するとHちゃんが「私が先だからね!」と念を押します。お母さんの気持ちをいっぱい受けたいHちゃんです。

何でもできるけど本当は甘えたい。言葉とは裏腹の隠れた本音を持つ女の子

自分の思うようにやりたいと思う男の子と対照に女の子は一緒に何かをしたり、分かち合うことに喜びを見出します。共感することが大好きなので、お母さんと触れ合いたい思いもいっぱいです。
言葉も上手で男の子に比べて発達も早く、スムースな育児に見えがちですが心は男の子よりも複雑。お母さんとしては神経を使うことが多いでしょう。
感情的になった女の子の複雑な気持ちは子どもの言葉を繰り返しながら聴きましょう。

子どもの言葉を繰り返して聴くうちに、感情が落ち着つき本音が見えてきます

感情的になった女の子の言葉と裏腹の本音を理解して付き合っていくと、女の子の心も落ち着いていくものです。
幼児期は自分の気持ちに気づけず、状況を言葉で明確に伝えることに不十分なことが多いものです。親の思い込みで理解せずに本人の言葉を待って確認しながら次に促していきましょう。
お母さんに理解してもらえた実感が関係を深め、寄り添う心は女の子の心に深く響くことでしょう。

今日の1日1成長

女の子は言葉をたくさんかけながら、一緒に活動する時間をいっぱい持とう
子どもの自律力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

Instagram @mamagirl_jp