Baby&Kids

口が達者な女の子の喧嘩は、止めるよりもまず受け止めよう

vol.974【1日1成長お母さん】分かってほしいの!女の子の複雑な気持ちの整理を手伝おう

口達者な女の子の激しい口喧嘩。自己主張が強すぎてついていけない!

子どもが女の子しかいないと、男の子のお母さんに「いいわねえ、女の子は楽で」「優しくて羨ましいわ」と言われた経験のあるお母さんは多いようです。確かにドタバタと迷惑なほど暴れる子は男の子と比べるとそんな行動は少ないかもしれませんね。
ですが、女の子のお母さんには女の子ならではの悩みがあるものです。親の方がびっくりするほどの巧みな話術で屁理屈をこねたり、ひどい口喧嘩をして収まりがつかなくなったりすることがあるのです。

子どもはただお母さんに分かってほしいだけ。無理やり解決しようとしないで

女の子の喧嘩は悲しい、腹がたった、などの感情を抑えられないことで起こります。
親はどうしても解決させようとトラブルの原因を探し「そんな無理言うんじゃない」「じゃんけんで決めなさい」と言ってしまいがちですが、女の子は解決よりも、自分の気持ちを分かってほしいのです。
なので今度は分かってくれないお母さんに「ママなんて嫌い!」などと言ってみたりします。

言葉を繰り返す“おうむ返し”で共感すると、感情の整理に効果的

感情を抑えられないのは、小さな子どもには自然なこと。「泣き止みなさい!」と言っても無理なのです。
そんな時は解決させたり黙らせたりするよりも、まずは気持ちを受け止めてあげましょう。おうむ返しが効果的です。
「嫌だった」と言えば「そう、嫌だったのね」という具合に、言葉を繰り返してあげましょう。お母さんが繰り返してくれることで、自分の気持ちを整理できます。

落ち着いてから解決法を考えるので十分。まずは感情の高ぶりを鎮めよう

女の子の高ぶった感情を鎮めるのに一層効果的なのが“タッチング”といって肩や背中などに触れることです。ポンポンと軽く叩いてあげるのもいいですね。
初めは早く、徐々にゆっくりとしたリズムに切り替えていくと、そのリズムについてくるように子どもの気持ちが落ち着いてきます。お母さんに受け入れられているという安心感が芽生えるからです。
落ち着いてから改めて、一緒に解決法を考えましょう。それがストックとなり、だんだん自分で対処できるようになるでしょう。

今日の1日1成長

女の子にはまず共感!感情を受け入れてから一緒に解決策を考えよう
子どもの自律力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!