Facebook Twitter Instagram

Baby&Kids

早生まれは伸びしろがある!人と比べずその子の成長を見守ろう

vol.978【1日1成長お母さん】焦らずひとつずつ。その子のペースで“できた!”を増やそう!

心配性は伝染する。お母さんの心配を子どもは感じ取ってしまいます

早生まれの子を持つお母さんは、心配事が尽きないと感じている人も多いのではないでしょうか。
発達や体格差だけでなく同学年の子よりできないことも多いなど、気にしすぎるとお母さんまで押しつぶされてしまいます。表に出していなくても子どもはお母さんの気持ちを感じ取ってしまうもの。
「うちの子は大丈夫!必ずできるようになる!」とお母さんの子どもを信じる力こそが子どもの自信に繋がります。

強い言い方は恐怖を与えるだけ!子どもの芽を摘んでしまうこともある

同学年のできる子を羨ましく思ってしまうこともあるでしょう。ああなってほしい、これができるようになってほしいと思うあまり「なんでできないの?」「そんなんじゃどんどん離されちゃうわよ!」と言ってしまうこともあるかもしれません。
お母さんが子どもを思って言っていることであったとしても、子どもには恐怖でしかありません。萎縮させてしまってはできる事もできなくなってしまいます。

すぐに結果を求めずスモールステップで小さな“できた!”で自信をつけよう

4歳のAちゃんは縄跳びに挑戦中!頑張っているのになかなかうまく跳べません。お母さんはできたことをひとつずつ伝えることにしました。「大きく回せたね」「優しくジャンプできたね」とできたことを伝えることでAちゃんの自信に繋がりました。
何かを成し遂げるには最初の“小さなできた”が必要です。この“小さなできた!”を積み上げていくことを“スモールステップ”といいます。それが“大きなできた!”に繋がるのです。

早生まれだからといってデメリットだけではない。努力と経験が糧になる

入園入学時に「うちの子早生まれなんです。大丈夫でしょうか?」と心配するお母さんがいます。
しかし、悔しい思いをした分、強い子になります。努力をした分、粘れる子になります。いろんな思いを経験した分、心の成長は人一倍なのです。
子どもの成長スピードはひとりひとり違います。たとえまだまだ追いつかなくても、いずれ追いつき追い越す日がやってきます。それまで「あなたなら大丈夫!」と声をかけ見守ってあげましょう。

今日の1日1成長

できないことを追及するより、過去と比べてできたことに着目しよう
子どもの頑張る力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
杉岡由香(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp