Baby&Kids

子連れの外出でスムーズに動くには、子どもとの信頼関係がカギ

vol.979【1日1成長お母さん】大人の事情に合わせて動いてもらう時は、子どもにお願いをしよう

幼い子どもとの外出、十分に余裕を持ってもハプニングが多いもの

子どもと一緒にでかける時、余裕を持って予定を立てても時間に追われてしまうことがあります。変えられない次の予定のために、子どもを急がせてしまうこともあるでしょう。
でもそれは、子どもにとっては大人の事情。楽しんでいる途中で意味もわからず急がされたら、かんしゃくを起こすことも無理ありません。
道や駐車場が予想外に混んだり、電車が遅延したりした時に限って子どものトイレが長くなったり。神経を使っていても、しょうがないこともあります。

大人が子どもに要求するばかりでは一方通行。率直にお願いしてみよう

今日は仕事帰りの旦那さんとの待ち合わせに、どうしても公共機関を使って移動しなくてはいけません。混んでいる時間に3歳のDくんを連れて、いつもと違うバスに乗るのが少し不安なお母さんです。
起きそうなことを想像しながら、人混みの中でお母さんから離れないことや、車中では静かに座っていることをDくんと約束しました。しかしそれは約束というより安全に行くためのDくんへのお願いです。

お母さんの「いいよ!」を純粋に信じる子ども。流さず必ず守ってください

お母さんが子どもに、お願いをしたい時は二人の信頼関係が大切です。信頼関係は日々の小さな積み重ね。
洗い物をしている時「本を読んで~」と言ってきたら「いいよ。洗い物が終わるまでちょっと待ってね」と伝え必ず本を読んであげましょう。日々の小さな約束を守ることの繰り返しが“我慢したら必ず後で叶えてくれる”というお母さんへの信頼をつくります。
それはお母さんがお願いした時に受け入れてくれる土台となるでしょう。

子どもの立場になって感じてみよう!子どもの心を満たす言葉が見つかる

子どもが約束を守れたことに対しては必ず「静かに座っていられたね。ありがとう」などできたことを認める言葉と感謝の気持ちを伝えましょう。大きな変化がないことは見落としがちですが、待つことや座っていることは子どもには難しいこと。
大人にとって簡単なことも、幼児期の子どもには大きな努力なしにはできません。子どもの立場での体感を想像し、一日の頑張りを認めてあげることでお母さんとの絆も更に深まっていくことでしょう。

今日の1日1成長

日常の子どもとの“小さな約束を守る繰り返し”で信頼関係を深めよう
子どもの適応力も1成長、お母さんの計画力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!