Baby&Kids

失敗が全てセーフに!?前向きな心は問題解決力と共に育てよう

vol.988【1日1成長お母さん】子どもが失敗で凹まない!?寄り添い、解決法を導くことが大切

家庭で起こる恐怖と悲劇!牛乳を注ぐと必ず白く染まる机と床・・・

3歳頃から、自分のことは自分でやろうとする自立心が育ちます。
服を自分で着替えたい。シートベルトを自分で装着したい。お料理を手伝いたい。子どもたちは年齢や環境に合わせて様々な“やりたい”を発見します。
その中でも、日常生活で多くの子どもがやりたがる事は、飲み物を注ぐ事ではないでしょうか。子どものやりたい気持ちを尊重して牛乳を注がせてみたら、机もお母さんの頭も真っ白!なんて経験は子育て中のお母さんならあるはずです。

失敗した時は、責めずに気持ちに寄り添い解決法を考えたり提案しよう

子どもが「やりたい」と言うことに取り組み失敗した時、ショックなのはお母さんだけではありません。子どもも泣き出したり、怒り出してしまうこともあるでしょう。
例えば、子どもが「悔しい」と泣いている時は言葉を繰り返します。子どもは気持ちを受け止めてもらえたと感じ心が落ち着きます。そして解決法を一緒に考え、時には解決法を教えることも必要です。
最初は失敗してばかりでも自分で片付ける力が身につけば、お母さんも安心して“やりたい”気持ちを応援できるようになります。

こぼしたら拭く。次の行動へ移せる子は、実は失敗なんてしていない

4歳のHちゃんがコップに牛乳を注ぎたいといった時、お母さんは失敗をしても責めずに「こぼれたら拭いてね」と解決策を教えていました。
ある日、多く注ぎ過ぎて、コップから牛乳が溢れてしまい机の上は真っ白に。Hちゃんは「セーフ!」と言って、お母さんには何も言わずに牛乳をタオルで拭き始めました。
Hちゃんがセーフといった理由は、床にまで溢れていないから。自分で片付ける範囲が狭い事からくる発想だったのです。

失敗を恐れない積極性は、自分の失敗をフォローする力で加速する

子どもは毎日がチャレンジです。そして子どもにとって、チャレンジすることが成長につながります。新しい体験が子どもの心を育てます。
何かに取り組み、失敗した時に責められると顔色を伺う子になっていまい、積極的に行動できない子になってしまうかもしれません。
しかし、責めずに問題を解決する力が身につけば社会に出てからも積極的にいろいろな事に取り組めるようになります。失敗も前向きに捉えられる親子はどこでも楽しみ、多くの可能性を見出す天才です。

今日の1日1成長

失敗もセーフと言える前向きな心を問題解決力で育てよう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの思考力も1成長。
かわさき ちか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!