Baby&Kids

子育てに余裕を!子どもが理想的な生活習慣を身につけるヒント

vol.1022【1日1成長お母さん】ハードルを下げ子どもができるひとつを習慣化したら次のステップへ

“できることは自分でやる”小さな習慣づくりが子どもの生きる力となる

保育園から家に帰ってきたら、カバンは自分で所定の場所に戻してほしい。お母さんがそう思っても実際はなかなか難しいことが多いのではないでしょうか?
お母さんがした方が子どもにやらせるより楽だと思い、ついついやってしまうこともあるでしょう。ですが習慣は小さなことの毎日の小さな積み重ねから。今後子どもにとって“よく生きるための力”にもなっていくはずです。

何回言っても習慣化できないのであれば、しつけの方法を変えた方が良い

保育園に通う6歳のⅯくんと4歳の妹のYちゃん。家に帰ってくると玄関に走り込み、競うように靴を脱ぎ捨てます。家の中に入るとカバンを床に置き、上着や靴下がところどころに散らかっていることも。
子ども2人分の物が目に入るので、お母さんは余計にイライラします。毎回「靴はそろえようね」「上着はハンガーにかけて」「靴下は洗濯かごに」「手は洗ったの?」どんなに言ってもなかなか定着しません。最後はいつもお母さんが片付けます。

習慣化するにはハードルを下げるのが大切。簡単なことから始めよう

子どもにやってほしいことを一気に言ってしまうと、行動に移せない原因になります。なかなか習慣にならないと思うときは“これならできるだろう”ということをひとつ設定しましょう。
玄関を上がってすぐの部屋の入口にかごを準備し「カバンや上着はここに入れようね」と設定します。もっと高い理想があったとしても“今できること”から徹底させ習慣化させます。
定着したら次のステップに。それを繰り返しながら理想のゴールを目指します。

自分で考えて行動できる習慣づくりには家の導線や環境が大切です

もうひとつ子どもに習慣を身に付ける良い方法があります。それは子どもが自分の目で見て“何をしたら良いか”を思い出させる工夫をすることです。子どもが得る情報の約90パーセントが視覚からといわれています。言葉で伝えるより視覚で訴えかけてみましょう。
脱いだ靴を収納させたい時は、玄関に入ってすぐ見える場所に靴を置く専用のスペースを設け、自分専用と分かるシールを貼っておきます。子ども自身が見て指示を思い出せるきっかけになるでしょう。

今日の1日1成長

いい生活習慣をつくるには、子どもが今できる小さなゴールを設定しよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの創造力も1成長。
さわどあさみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!