Baby&Kids

子どもの気づきを促すには、声をかけるタイミングを意識しよう

vol.1027【1日1成長お母さん】行動の変化が起きる4歳。計画力を育てればお行儀の良い子に育つ

お母さん共通の願い。子どもには行儀良く約束を守れる子に育ってほしい

子どもに身につけてほしい生活習慣などをしつけるのには、適した年齢があるのをご存知ですか?子育て中のお母さんなら、お行儀やしつけなどを意識して子どもに声をかける人が多いのではないでしょうか。
ルールや約束事をちゃんと守れる子になってほしいのは子どもを持つ親ならば共通の願いでしょう。実は“玄関では靴を揃える”や“おもちゃを片付ける”など生活習慣が身につくのは4歳になってからと言われています。

「家に帰ってから」が通用するのは未来を想像する力が育つ4歳から!

5歳のAちゃんと3歳のK君の姉弟は、おやつを買ってもらいました。K君はすぐに食べようとしたので、お母さんは「お家に帰ってからね」と言いました。Aちゃんも「手を洗ってからおやつを食べる約束だよ」と教えましたが、K君は車の中でおやつを食べてしまいました。
「手を洗ってから」や「また明日」が通用するのは、家に帰って食べる様子やそのために必要な順序を想像できるようになる4歳ごろから。先のことを予測して行動する予測脳の発達と関係しています。

子どもに必要なしつけは、行動前の言葉がけで気づきを促すことが大切

約束ができる力を育てるのに適しているのも4歳の頃です。例えば、おやつを食べる前に手を洗う習慣を身に付けさせたい時。お母さんが「手を洗いなさい」と子どもにいつも指示をしていると、自分で考えて手を洗うことができない子になるかもしれません。
手洗いを習慣づけるには「おやつの前に何するんだっけ?」という声がけを根気強く行いましょう。お母さんが気づきを促す質問力を身につけ、自分で考えて行動できる子に導きましょう。

子どもに少しずつ習慣づけることができれば、お母さんの心にも余裕が生まれ

子どもが行動する前にお母さんが声をかけても、すぐにできるようになる訳ではありません。大切なのは習慣化させることです。それには、お母さんが根気強く質問をし続けることが大切です。
お母さんの質問によって子ども自身が考えて行動できるようになれば、約束を守る意味も分かるようになります。子どもが自主的に行動してくれたらお母さんも楽になります。お母さんは「何するんだっけ?」で子どもの気づきを促しましょう。

今日の1日1成長

計画性と約束を守る力を育てる質問。行動する前の「何するんだっけ?」
子どもの計画力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
かわさき ちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!