Baby&Kids

「する?しない?」の2択では、5歳女子の本当の気持ちは不透明

vol.1037【1日1成長お母さん】空気を読む5歳女子には、2択でなく意見を言える質問の仕方を

成長とともに難しくなる女の子への質問。お母さんの伝える工夫も必要になる

仕事に家事に子育てに毎日頑張っているお母さん。大好きな子どもとの意思疎通はストレスなく行いたいですよね。でもなかなかうまく行かず、イライラしてしまうことも。
「これするの?」と聞いただけなのに「どっちでもいい~」と返されようものなら「はっきりしてよ!」と言いたくもなります。想像もしない答えに「そんなこと言ってないわよ!」と言いたくなることもしょっちゅうです。
実際、子どもにどのように質問したらいいのかが難しいと思うお母さんは多いようです。

意見を言わないのは内気だからとは限らない。5歳女子が持つ空気を読む力

5歳のKちゃんはいつもお母さんにくっついている姿がほほえましい、お母さんが大好きな女の子。
でもいざ一緒に遊ぼうと何か聞くと「どっちでもいい」「お母さんが好きな方でいい」という答えばかりなのだそうです。お母さんはKちゃんが“お母さんが喜ぶ答え”を出そうとしていることが気になるそう。
「何を聞いても自分の意見を言わないのよ」とお母さん。「する?しない?という簡単な質問でも答えてくれないの。最終的にどっちなの!と怒ってしまうのよね」と悩んでいました。

自分の意見を言えてこそコミュニケーション。気持ちを引き出す方法がある

実はこの「する?しない?」の質問がクセ者。5歳は人の気持ちを思いやる力が備わってきます。その上、女の子はコミュニケーション能力が高く、空気を読もうとするので「する?しない?」と聞かれると、無意識に“お母さんが喜ぶ方”を選びます。
空気を読む力は友だち関係などで役立つ能力ですが、自分の気持ちを伝えられる上手なコミュニケーションの方法も養いたいもの。
そんな力を身につけるには「いつする?」「どうやってする?」と聞いてあげましょう。

子どもが自分で考えて答えを出せる質問をすると、臆せず発言できる子になる

ここでお母さんにお願いがあります。子どもが出した答えを、絶対に否定しないであげてくださいね。
聞かれたから答えたのに「お母さんはそうじゃないと思う」などと言ってしまうと、せっかく考えた答えが無駄になり、意見を言っても仕方がないという諦めを覚えてしまいます。
子どもが出した答えは「そうなのね」と受け止めましょう。臆せず素直に発言できる力は一生の財産になります。
子どもの未来に必要な発言する力を「いつする?」「どうやってする?」で今のうちから蓄えていきましょう。

今日の1日1成長

5歳女子に2択はNG!「いつする?どうやってする?」で伝える力を育もう
子どもの自己表現力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!