Baby&Kids

男の子のしつけはシンプルが一番。走り回る子を落ち着かせるコツ

vol.1039【1日1成長お母さん】じっとしていられないのはその子の才能と受け入れてあげよう

衝動性が高い子はよく走り回る。迷惑を掛けないよう教えてあげよう

子どもが元気に走り回る姿は見ていると微笑ましいものです。ですが、それも時と場合によりますよね。人がたくさんいる室内などでは、迷惑を掛けてしまうこともあります。特に男の子は活発な子が多いので、走り回った時に止めるのも一苦労です。
これはお母さんのしつけが悪いからでしょうか?いいえ、そうでなく子どもの生まれ持った個性にも関係しています。育った環境とは別に生まれつき衝動性の高い子が存在するのです。

じっとしていられない子への注意は、シンプルに「ストップ」でいい

もうすぐ3歳になるA君は元気な男の子。じっとしていられない行動派で、今日はお友だちのお家の部屋中を走り回っています。
お母さんは慌てて注意をするも、A君はお構いなしです。走ったりソファーの上でピョンピョンと飛んだり跳ねたり大忙し。お母さんが「走らないで!」と言ってもまるで効き目がありません。
実は子どもは否定語を理解することが苦手です。やめさせたい時は「ストップ」「座って」など、やってほしいことをシンプルに伝える方が効果的です。

落ち着かせるにはスキンシップが有効。優しく話しかけてあげましょう

このタイプの子は、天真爛漫で好奇心旺盛なので、新しい環境では興奮してしまうことが多々あります。わんぱくなので手が掛かりますが、甘えん坊というかわいい一面もありお母さんのことが大好きです。
そして体を触られることに敏感な“触覚優位”でもあるので、興奮している時は背中や頭を優しくタッチしながら、声をかけると落ち着かせる効果があります。いけない事は「ダメ」でなく「走ると危ないよ」と理由を教えてあげましょう。

子どもの短所は見ないで長所にフォーカスを!素晴らしい才能を信じよう

小さい時はとにかく手の掛かることもありますが、ずっと続くわけではありません。周囲の様子を察知できる能力が育つ9歳くらいになると、驚くほど穏やかな子になります。
衝動性の高さをプラスに生かすことで、素晴らしい実行力を見せてくれることでしょう。将来は組織のトップや起業家としても活躍することもあり得ます。有名な起業家が子どもの頃はわんぱくだったという話はよく聞きますよね。
落ち着きがないことも才能の一つと受けとめてあげましょう。

今日の1日1成長

走り回る子への注意は「走らないで」より「止まって」という声かけにしよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
わたなべみゆき(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!