Baby&Kids

子どもの性格に当たりハズレはない。みんなちがってみんないい!

vol.1068【1日1成長お母さん】暴れん坊は元気の天才!子どもの個性を肯定的に受け止めよう

うちの子は手がかかる。“ほかの子と比べてはいけない”なんてムリ

子育てをしていると「ほかの子と比べてはいけない」と思っていても、よその子どもが羨ましくなることがありますよね。特に「うちの子は手がかかる」と感じているお母さんならそう思うでしょう。
子どもには生まれつき性格が備わっていて、それを気質といいます。キッズコーチングでは気質を5タイプに分類しています。そのひとつに元気いっぱいの“アクティブタイプ”があります。子どもらしいタイプなのですがお母さんは手を焼くことが多いでしょう。

わんぱくタイプは育てるのが大変。「おとなしい子が羨ましい」と思うことも

アクティブタイプは元気いっぱいでジッとしているのが苦手なわんぱくな子どもです。何かに興味を持ったら一目散に向かっていきます。
スーパーではお肉のラップを突いて破ってしまったり、公園で「ブランコに乗りたい」と思ったらお友だちを押しのけて乗ろうとしたり。お母さんは周囲に謝りっぱなしです。
こんなトラブルの連続で「おとなしい子が羨ましい」と思ってしまいます。

「羨ましい」と思っていたのに、逆に羨ましがられていることもある

実はアクティブタイプの子のことを「羨ましい」と思っているお母さんだっているのです。このタイプの子どもは新しいものにも興味津々で向かっていくので、幼稚園や保育園の入園時にはすんなり馴染めます。
その一方でおとなしいタイプの子どもは、新しい環境に慣れるのに時間がかかることが多いものです。そんな子のお母さんはアクティブタイプの子を見て「早く馴染めていいな」「お友達がいっぱいできていいな」と思っているのです。

親バカ万歳!「元気の天才だね」と子どもの個性を肯定的に受け止め伝えよう

子どもには「育てにくい」と感じる時期が来るものです。しかし“育てにくい子=悪い子”ではありません。どんな個性であってもそれを磨くことで長所になります。
そのためにお母さんにしてほしいことがあります。それは子どもの個性を肯定的に受け止め「R君は元気の天才だね!」「Kちゃんは優しさナンバーワンね」と子どもに伝えてあげることです。「親バカかな?」「ちょっとプラス思考すぎ?」くらいでちょうどいいのです。
そうすることで子どもが自分を好きになり、その個性を武器に社会を渡り歩いていけるはずです。

今日の1日1成長

子どもの性格に優劣なし!子どもの良いところを見つけて伝えてあげよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
田中京子(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!