Baby&Kids

生まれながらのあまのじゃく。言葉の裏に隠れた本音に寄り添おう

vol.1084【1日1成長お母さん】7秒ハグで不安を安心に変えて、素直な気持ちを引き出そう

子どもの頃からポーカーフェイス。感情が読めないほどクールなのが特徴

“子どもらしさ”とは何だと思いますか?一生懸命に取り組む、嫌なことがあると泣くなど様々な意見が挙げられるでしょう。その中でも“無邪気に笑う”ということをイメージする方は多いのではないでしょうか。
しかし子ども中には楽しいと思っているのに表情に出さず、感情を素直に言葉で表現しない子がいます。冷めて見えることがあるので遊びの場でも「楽しくない?」と聞かれてしまうこともあるほど。感情が表情にも表われにくい子がいるのです。

生まれながらのあまのじゃく。楽しい気持ちは斜めに表現するのが当たり前

Iくんのお母さんは「この子あまのじゃくなの」と普段から笑っていました。あまのじゃくの一面は、お友だちと楽しく遊んでいる時にも表れます。
Iくんが友達と一緒に公園へ行き遊具に登ったり、追いかけっこをして遊んでいた時のこと。Iくんがお母さんに近寄ってきて「楽しい!」言いました。
そして追加でもう一言「疲れるけどね」と。ひねくれは照れ隠し。あまり表情や言葉に素直に表しませんが、本当はとっても楽しく遊んでいるのです。

イヤイヤの原因は言葉とは他にある。隠れた本当の気持ちに寄り添おう

自分の気持ちを素直に表現することが苦手な子がいます。一旦ぐずると長期化し、時にお母さんを困らせてしまうことも。イヤなことや不満はハッキリ言葉で伝えるので、原因を解消しようとお母さんは頑張ることでしょう。
しかし解決しても次々に問題が出てきます。実は言葉で表していること以外の別のところに原因がある場合があります。言葉では複雑なことを言っていても、本当の原因はお腹が減っただとか眠いなど単純な場合も多いのです。

不安な気持ちの解消には7秒抱きしめること。本当の気持ちを引き出そう

普段の生活から不安に感じることを“ひねくれ”て言葉にすることで自分の素直な感情を隠そうとしてしまいます。褒め言葉にも素直に「ありがとう」と言えないことが多いでしょう。不安が強い時などは、きつい言葉が多く出たり反抗が強くなります。
そんな時はただ抱きしめるだけでいいのです。お母さんとの7秒ハグにより、愛情ホルモンが分泌され安心感を得られます。ぐずりや反抗の本当の理由を聞き出しやすくなることでしょう。

今日の1日1成長

7秒ハグで不安を取り除き、言葉に隠された本音を引き出そう
子どもの自己表現力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
かわさき ちか(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!