出典:photoAC

Baby&Kids

絵本は寝かしつけの救世主!最新プロジェクタータイプの絵本もご紹介

寝かしつけのときに絵本を読むという家庭も多いと思いますが、なかなか寝ない子どももいますよね。今回は赤ちゃんや幼児を寝かしつけるときにおすすめの絵本をご紹介します。
絵本の購読ランキングでも上位に入っている絵本もあるので、すでに持っている人もいるかも?また、変わり種のプロジェクタータイプの絵本も要チェック!ギフトにもピッタリなので、参考にしてみてくださいね。

本を読む習慣作りにも最適!入眠の習慣づけを始めるなら今がチャンスです。

■寝かしつけの絵本はいつから始める?

寝かしつけといっても始める時期は人それぞれ。ではいつから始めるのがいいのでしょうか?

出典:photoAC

・0歳からでもOK!


基本的な寝かしつけを始める目安は生後5~6ヵ月頃とされています。“添い乳”や“とんとん”が多いと思いますが、絵柄だけの絵本などを使うのもおすすめです。

・いつから初めても大丈夫!


0歳から始めなかった!という人も安心してください。絵本の寝かしつけはどの年代から始めても大丈夫です。ある程度の年齢になると子どもにも好みが出てくるので、その好みによって絵本をチョイスするのもおすすめ☆
また好きな本なら布団に入るのもすんなりいくかもしれませんね。

■分かりやすさが一番!0〜2歳におすすめの寝かしつけ絵本

習慣として取り入れるなら早い方が抵抗感もなくすんなり進むかもしれません。0~2歳の子どもには文字の少ない絵が主体の絵本が分かりやすくておすすめです。

出典:筆者撮影

・人気シリーズ【ねずみくんとおばけ】

出典:筆者撮影

【ねずみくんのチョッキ】は子どもの頃に読んだことがある人も多いのでは?同シリーズの【ねずみくんとおばけ】は主人公のねずみくんが白いシーツをかぶっておばけに変身!
友だちもみんなおばけに変身していって、最後にはちょっとだけ怖いお話になります。絵もストーリーもシンプルなので寝かしつけのときにもおすすめの絵本です。

・リズムが心地よい【もうねんね】

出典:筆者撮影

この本は、犬や猫が「眠い…眠い…」と眠そうな顔で転がっている姿がかわいらしい絵本です。繰り返しのリズムが心地いいので、いつのまにか眠ってしまうかも!
また、絵本の最後にはみんな目をつむって眠ってしまうので、子どももいっしょにお布団をかけて“おやすみなさい”ができるでしょう。

・寝ない子にはコレ!【おやすみロジャー】

出典:@ kumiooooooo さん

世界的なベストセラーを達成した【おやすみロジャー】は、持っている人も多いのではないでしょうか?この本は、なかなか眠れないウサギのロジャーがいろんな人の助けを借りて眠りにつくという内容です。
本の至る所に心理学的効果を取り入れているため、すぐに眠くなってしまう魔法のような本で子育て世帯の救世主的絵本です。
読み聞かせが苦手な人には朗読CDがおすすめ☆絵本と並行して朗読CDを流せばより世界観を味わいながら寝かしつけができます。

・おばけも鬼も怖い【ねんね】

出典:@tamaco_kiraraさん

おばけや鬼がこわくて眠れないという女の子に、ママが“大丈夫だよ”とひとつひとつ女の子の不安を取り除いて寝かしつけをするストーリーの絵本です。
かわいい絵と分かりやすいストーリーで小さな子どもでも楽しめる絵本になっています。

■物語重視!3〜5歳におすすめの寝かしつけ絵本

3~5歳くらいになると物語を理解できるようになるので、文字が多い絵本でも寝かしつけの絵本になります。言葉の強弱などを工夫して物語の世界に誘いましょう。

出典:筆者撮影

・ロジャー作者の第2弾!【おやすみエレン】

出典:@ tamaco_kirara さん

【おやすみロジャー】を手掛けたカール=ヨハン・エリーンさんの第2弾!【おやすみエレン】はロジャーのときと絵柄が変わり、かわいらしい印象の絵本です。
内容は小ゾウのエレンが不思議な森を大冒険しながら、いろんなキャラクターとの出会いを描いた物語になっています。ロジャーで眠らなかった子どもがいつのまにか寝てしまうほど、工夫を凝らしてあるので寝かしつけにおすすめです。

・兄弟で楽しめる【ねないこだれだ】

出典:筆者撮影

発売から45年以上もたった今でも人気が高い【ねないこだれだ】。この本はシンプルで分かりやすい絵柄とストーリーが魅力の絵本です。1歳から読める本としても人気が高く、兄弟の寝かしつけにもピッタリ☆
他のシリーズも引きつけられる魅力的な絵本なのでセットで持っていたい絵本でしょう。

・クマの掛け合いがキュート♡【ねむれないの?ちいくまくん】

出典:筆者撮影

ベッドの周りが暗くて眠れないという“ちいくまくん”に体の大きな“おおくまくん”がランプをベッドサイドに持ってきてくれます。でも“ちいくまくん”はまだ眠れないようで…
小さいクマと大きなクマのほのぼのした掛け合いがかわいらしい絵本です。ぜひ“ちいくまくん”や“おおくまくん”の気持ちになって読んでみてください。

■寝かしつけ絵本の読み方をマスターしよう

寝かしつけ絵本の読み方は、いつもより落ち着いた口調とゆっくりとしたテンポで読むのがポイントです。また、寝かしつけをする部屋の電気は少し暗めがおすすめ。
あまりに暗いと絵本が読めないので手元を照らす部分照明などがあると便利でしょう。ほかにも子どもと密着した姿勢だと子どもは安心して眠りにつくことができます。
落ち着いた空間づくりをするなら小さな音でオルゴールなどのBGMを流すのも有効です。

■絵本アプリもおすすめ!【おそらの絵本】に注目

絵本は収納に場所を取るからあまり持ちたくない…という人は絵本アプリを試してみてはどうでしょうか?

・ミニプロジェクターをスマホにつけるだけ!


【おそらの絵本】はスマートフォンのライト部分に取りつけて使用するミニプロジェクターです。専用のアプリをダウンロードして使用すると部屋の壁にプロジェクターで絵本の場面を映し出すことが可能☆
アプリをダウンロードしたスマートフォンからはBGMや効果音が出るので楽しい寝かしつけができるでしょう。

・天井に映すことも可能なので寝ながら観られる


天井に映し出すことができるので、ベッドに横になりながら観ることができます。これでいつでも眠りにつくことができますね。

・おはなしは全部で24種類


【おそらの絵本】で投影できるストーリーは全部で24種類!みんなが知っている童話から形や色を使った物語など内容も充実しています。
また、専用のミニディスクに収録されているのでコンパクトに管理できるのも魅力です。

■寝かしつけ絵本で子どもとスキンシップを取ろう☆

出典:筆者撮影

寝かしつけるときにただ部屋を暗くして寝るまで待つというのも寂しいもの。せっかくの機会なので絵本を取り入れて子どもとスキンシップを取る時間にしてみませんか?
絵本を読むことで想像力を育み、親子としての絆も深めることができるはず!まだ絵本を読んだことがない人はぜひ試してみてくださいね♡

たまこ

絶賛男女双子&末っ子の3人育児中☆休日はお弁当片手に家族でドライブに出かけることが楽しみ♪最近はラグビーにどっぷりハマり中!

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!