Baby&Kids

つい意地悪しちゃう男の子には、気持ちを想像する力を育てよう

vol.1100【1日1成長お母さん】相手の気持ちに気づけるような質問で優しい心を5歳から育てよう

好きな子に意地悪しちゃうヤンチャな男の子のあるあるを許せないこともある

一度は聞いたことがある「好きだからいじめちゃうのよ」という言葉。しかし、からかわれる側はたまったものではありません。嫌な気持ちになって泣いてしまう子もいるでしょう。時に行き過ぎてしまいケガをさせてしまう危険もあります。
周囲の人から「好きだからだよ」と言われて慰められても、嫌なことをされて嬉しく感じる子どもやお母さんはいません。時に激しいボディタッチになってしまうなど、子どもが痛がる時もあるでしょう。本当に遊びで終わらせていいのでしょうか。

「好きだから」は意地悪OKの理由にならない。される方はストレスMAX!

保育園に通う年長の女の子Hちゃんは、友だちと遊ぶことが大好きで毎日楽しく通っていました。しかし「○○くんに叩かれた」「強い言葉を言われて悲しかった」と言うことが増え、お母さんは心配していました。Hちゃんの話から、先生も注意してくれている様子です。
しかし、毎日嫌な思いをしていると思うとお母さんは心配です。Hちゃんは嫌なことをされる気持ちが分かるので仕返しはしません。しかし、やり返さないだけでHちゃんもストレスは溜まっているのです。

「あなたならどんな気持ちになる?」で相手の気持ちを想像する力を育てよう

5歳は優しさが育つ年齢です。しかし“好きだから”といって意地悪をするのはなぜでしょうか?理由の1つは、そのようなやり方でしか注目を集められない感情表現が不器用な子だということが考えられます。
5歳で想像力を育めば、相手の気持ちを推し量り、泣いている友達がいればその子の気持ちに寄り添うことができるようになります。想像する力を促すために「あなたならどんな気持ちになる?」と相手の立場になって考えられるような声かけを心がけてください。

悲しく辛い気持ちと「ありがとう」と言われる経験で優しい心が加速する

特に男の子の場合は、女の子よりも想像することが苦手な場合があります。
男の子は実際に自分が辛い気持ちや悲しい気持ちを経験することで、相手の気持ちを察することができるようになる傾向があります。様々な感情を経験することで、気持ちの想像ができるようになるでしょう。
「ありがとう」と言われる経験も重要です。人の役に立ちたいという想いや喜ぶ顔が見たいというような気持ちは、優しい行動を引き出してくれることでしょう。

今日の1日1成長

男の子には様々な感情の経験が必要。お母さんの役目は見守り寄り添うこと
子どもの想像力も1成長、お母さんの見守り力も1成長。
かわさき ちか(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!

Instagram @mamagirl_jp