出典:ぱくたそ

Baby&Kids

おむつはいつまでする?はずす時期や成功に繋がるポイントをチェック

新生児期にはぶかぶかのテープのおむつをはいていた赤ちゃん。成長するにつれて、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズとサイズアップをしながら、パンツタイプに移行し、見事おむつ卒業となります。その段階の途中で必要なのが“おむつはずし”。今回は、「いつまでにおむつをはずしたらいいの?」というママの疑問にお答えします!疑問だらけのおむつはずしについて、ひとつずつひも解いていきましょう。

離乳食、卒乳、断乳に続いて、ママたちの前にはだかるのが“おむつはずし”。はずす時期の見極め方や、おむつはずしのポイント、夜はどうしたらいいのかなどについてまとめたので参考にしてみてくださいね。

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



■おむつがはずれる時期は人それぞれ!

出典:photoAC ※写真はイメージです

おむつをはずそうと考えたときに、いつはずれるのかは気になるところですよね。「2歳ではずれた人がいる!」「幼稚園入園までにはずす!」「保育園ではずしてもらった!」など、いろいろな情報が舞い込んで、わからなくなっている人もいるのでは?

出典:ぱくたそ

結論から言うと、子どもの体の成長にも個人差があるように、おむつがはずれる時期もひとりひとり違います。おむつがはずれるには、まずおしっこがしたいというサインである“尿意”を子どもが認識することが必要なんだそう。おしっこがたまる膀胱の成長も、子どもによってさまざまなので、尿意を感じる時期もそれぞれなのです。
周りの意見を聞いて焦ることもあるかもしれませんが、子どもの成長がひとりひとり違うように、おむつがはずれるタイミングもバラバラ。何歳までにではなく、子どもの成長に合わせてあげるのがベストです。

■おむつはずしの平均はどれくらい?

出典:photoAC

おむつがはずれるのは平均していつごろなのか、そもそもいつから始めればいいのかなどを紹介していきましょう。

・おむつはずしはいつ始める?

出典:photoAC ※写真はイメージです

おむつをはずすときにまず悩むのが開始時期。いつから始めるのがいいのか、気になるところですよね。はずれるタイミングがひとそれぞれあるように、開始時期もさまざま。「何歳から始めましょう!」といったものではないのです。
おむつをはずす前にまず大事なことは、おしっこをしたいという尿意を子どもが感じられるかということ。尿意は、膀胱におしっこがたまったということを、神経を伝って大脳皮質に届くと感じることができます。この仕組みが身体の中でできあがっていることが必要となります。
とはいえ、パッと見てわかることではないので、おむつをはずし始める目安を紹介します。

<歩けるようになる>
歩けるようになると、足腰がしっかりとしてきているので、おまるに自分でまたがったり、サポートがあればトイレに座ったりすることもできます。

<おしっこの間隔があく>
おむつを替えようとするとおしっこがでていなかったり、前回替えてから2時間くらい空いていたりすると、膀胱が成長し、おしっこをためられるようになったサインです。

<意思疎通ができる>
しっかりとした会話ができなくてもいいのです。“おいで”、“すわって”などの簡単なことを理解している様子が見られたら、トイレへの誘導などがやりやすくなりますよ。

・だいたいいつはずれるの?

出典:photoAC ※写真はイメージです

おむつがはずれるのは、平均的に3歳前後が多いといわれています。ただし、完了するのは人それぞれ。2歳ですでにはずれている子もいれば、5歳ではずれる子もいます。また、おしっことうんちで、おむつがはずれるタイミングが異なることも。
うんちはトイレでできるけど、おしっこはできなかったり、反対におしっこは完璧だけど、うんちはおむつじゃないとできなかったりというケースもあるのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE