Baby&Kids

わんぱく男子は人を惹きつける。素晴らしい才能を開花させよう

vol.1159【1日1成長お母さん】好奇心旺盛なわんぱくな子には、自然遊びでトラブルを回避しよう

理想と現実の違い。いつも謝ってばかりのわんぱくな我が子に肩身が狭い

子どもには優しくて思いやりのある子に育ってほしい。正義感があっていつもお友だちと仲良くできる子になってほしい。そんな風に願いながら子育てをするお母さんは多いことでしょう。
そんなお母さんの理想とは裏腹に、現実の我が子はやんちゃでわんぱくということもありますよね。元気なのは良いけれど、乱暴したり暴れたりではお母さんはハラハラする毎日でしょう。謝るばかりの日々が続くと、肩身も狭くなるものですね。

子どもの行動の結果だけでなく、その行動の過程にも焦点をあててみよう

子どもの行動の結果だけを見てしまうと、お友だちを叩いたり押したりする子は乱暴者に映ります。乱暴した事実だけを見てしまいがちですが、どうしてその行動に繋がったのかも見てあげましょう。
お友だちが持っているおもちゃを「触ってみたい」という衝動に駆られて思わず手を伸ばしたら、勢い余って叩いてしまったのかもしれません。
私たちは生まれつきある程度の個性を持って生まれてきます。生まれつき衝動性の高い性質を持って生まれてくる子も存在するのです。

好奇心は止められない!衝動性の高い子ほど、誤解を招きやすいもの

衝動性の高い子は、天真爛漫で好奇心旺盛な特徴があります。なかなか1つの事に集中することができないので落ち着きなく見えるかもしれません。お友だちのおもちゃを奪ったり押したりした時は、頭ごなしに叱らず「おもちゃがほしかったのね」と気持ちを受け止めてあげましょう。
その後に「お友達を押しちゃったね」「押さないで貸してと言ってからにしようね」と一連の行動を理解させ正してあげることが必要です。

わんぱくな子どもにはおもちゃ遊びよりも自然の中で思い切り遊ばせよう

このタイプの子はとにかく様々な事柄に興味を引かれやすく、体力があり余っている子が多いのです。
自然の中で自由に体を使って遊ばせるとわんぱくな気質を存分に発揮できるので大変おすすめです。自然遊びは五感を刺激する効果もあり、集中力を養ってくれます。怒られる事の多いタイプですが「ダメ」と言い過ぎるとせっかくの行動力が台無しになることもあるので気を付けてあげたいですね。
最大の魅力はたくましさと行動力の高さなのです。リーダー気質もバッチリな人気者になることでしょう。

今日の1日1成長

わんぱくな子の行動力は素敵な才能。ダメの言い過ぎで失わないようにしよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
わたなべみゆき(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!