Baby&Kids

「何回やるの!?」と感じる子どもの行動は、集中力がアップ中

vol.1166【1日1成長お母さん】子どもの遊びに口を出すより、まずは見守ることで集中力を育もう

子どもの心の成長には順番がある。子どもの集中力が育つのは2歳から

子どもの体の発育は、計測可能です。しかし、心の成長は数値で計測することはできません。だからこそ子育て中のお母さんの悩みは尽きません。お母さん達が、子どもの心の成長に順番があると知っていればその悩みは少し減るのではないでしょうか。
0歳では好奇心、1歳ではやる気が育ちます。そして、集中力が育つのに適した時期は2歳前後です。子どもの集中力を伸ばすためにお母さんができる簡単な方法があるのです。

お母さんにとって「ひぇぇぇぇ!」な時こそ、見守ることで育つ力がある

子育て中のお母さん達なら“静かな時こそ気をつけて!”のあるあるな体験をしたことがあると思います。お母さんが掃除機でお掃除をしている最中、2歳のDくんは静かに待っている…と思っていたら大間違い。泥のついたジャガイモを床の上に1列に並べていました。
掃除機をかけたばかりで「なんじゃこりゃ!」とお母さんは叫びかけましたが、すでに素晴らしく泥に汚れた床を見て諦めて様子を見ていると“ジャガイモを並べて袋に入れる”ことを何度も繰り返していたのです。

誰でもできる子どもの集中力を伸ばす簡単な方法は、何も言わずに見守ること

Dくんがジャガイモを並べる行動は、年齢の発達によるもの。おもちゃやぬいぐるみを並べるのはこの時期です。実はこの静かに並べたり、繰り返し行動する時は集中している時。止めずにそっとしておきましょう。子どもの頭の中で「できた」「わかった」が繰り返されることで集中力が身につきます。
2歳は知恵を使い、たくさんの物に手が届くようになります。お母さんの望ましくないこともたくさんありますが、見守ることで子どもの集中力UPのサポートになります。

子どもの遊びにずっと参加しないことが集中力を伸ばすポイントになる

集中力を鍛えるには手先を使った遊びが望ましく、作っては壊すを繰り返すパズルやブロックが適しています。しかし、2歳の子はまだできないことが多く手先も不器用なのです。上手にできずに泣いてしまい、遊びが途切れてしまうことも。
子どもの集中力を伸ばすためには、お母さんが様子を見守り困ったときに手伝ってあげましょう。子どもの探求を継続させることができます。必要な時に適度なサポートを行うことで、子どもの集中力を伸ばしてあげましょう。

今日の1日1成長

子どもの集中力を伸ばすには、お母さんは何も言わずに見守ることが第一歩
子どもの集中力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
かわさき ちか(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!