Baby&Kids

兄弟げんかばかりでも大丈夫。一緒に成長し続けるパートナーへ

vol.1176【1日1成長お母さん】お母さんの言葉の伝え方次第!互いに認め合える兄弟になる

相手のいいところを言葉で伝えることを身につけたら、認め合えるようになる

せっかく兄弟に生まれたのだから、けんかばかりせずに困ったときには助け合えるようになってほしい。そう願うお母さんも多いのではないでしょうか。
でも現実は、毎日朝からけんかということも。こんな日がいつまで続くだろうと思うお母さん、大丈夫です。
お母さんが兄弟それぞれの良い面を伝え続けることで、けんかをすることがあっても、お互いの良さを認めあえるようになるでしょう。ちょっとした言葉の積み重ねが子どもの成長を後押しします。

見たそのままを言葉で伝えること。それだけで子どもは認められたと感じる

子どもの良いところはもちろん、何気ない行動もそのまま言葉にする。それだけで子どもは認められたと感じます。
例えば積み木を高く積めた時「すごいね」ではなく「高く積めたね」と言います。この言葉で「お母さんはいつもあなたを見ているよ」と伝えることができます。
これを承認(アクノリッジ)と言います。人に認められた経験があると他者を認めることができるようになるのです。これは兄弟関係も同じです。お母さんの言葉がけが認められた経験を増やします。

子ども同士であってもお母さんのマネをして相手を認めることを覚えていく

6歳のO君と4歳のK君は兄弟げんかが日常茶飯事です。
お母さんはけんかを止めたくなりますが、今そこに労力を注ぐより「O君はどんぐり探し名人だね」「K君は初めて会う人でもお話できる」と子ども達の良いところを言葉で伝えることに。
時間はかかりましたが「Kは挨拶の声が大きい。言われると元気になる」とO君も言葉にするようになりました。言う方も言われた方もその表情は嬉しそう。認められていると感じた喜びは相手を認めることに繋がります。

相手の良さを見つけられると、自分の良さも見い出すことができます

身近でいつも一緒にいる兄弟。お母さんが率先し子どもを認めてあげることを習慣にすると、子どもも同じように覚えていきます。
相手の良さを言葉にできるようになる体験を通して、お互いに認め合う心地よさを知っていくでしょう。けんかをしても認め合える関係性があれば一緒に成長するいいパートナーとなれます。
兄弟は一生を通して共にする同志。今はけんかばかりでも、将来は支え合える関係を築けたら嬉しいですね。

今日の1日1成長

認め合う兄弟を目指しお母さんが子どもの良いところをたくさん言葉にしよう
子どもの承認力も1成長、お母さんの観察力も1成長。
みきいくみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]