出典:photoAC

Baby&Kids

産休手当の基礎知識!どのタイミングでどれぐらいもらえるの?

「ママになっても変わらず今の仕事を続けたい。」そんな将来設計を描いている人にとって、産休手当はありがたい制度。けれど、“産休中に貰えるお金”という程度の認識しかしていない人も多いのでは?今後産休の取得を予定・検討しているのであれば、いつ・どれぐらいの金額がもらえるのかしっかり把握しておきたいところ。そこで今回は産休手当にまつわる基礎知識についてご紹介します。

「パートの人も産休手当の対象になる?」、「産休中に退職した場合はどうなる?」といった気になる部分についても、いっしょに確認していきましょう!

■産休手当を受け取るために!支給条件をチェックしておこう

出典:photoAC

産休手当の正式な名称は「出産手当金」。産休は出産の前後に取得できる休暇として労働基準法で定められていて、雇用形態は関係なく、仕事を続ける女性であれば誰でも取得することが可能です。しかし、出産手当金を受け取れるのは、一定の条件を満たした場合のみ。その条件は次の通りです。
・出産する者が勤務先の被保険者であること
・妊娠から4カ月(85日)経過後の出産であること
・会社から給与所得を受けていないこと
・出産するために休暇を取得していること
・健康保険に1年以上加入している

■産休手当はどこからもらえる?会社から?

出典:photoAC

産休手当の支給元は会社からと解釈している人も少なくありませんが、それは間違い!産休手当を支給してくれるのは、職場で加入している健康保険組合からです。
ちなみに産休手当と混同されがちな手当金に「育児休業給付金」、いわゆる“育休手当”がありますが、この育休手当が支給されるのは雇用保険からとなっているので、覚えておくようにしましょう。

■産休手当は国保でももらえるの?

出典:photoAC

産休手当の受給条件は、出産する母親が自身の勤める会社の健康保険に加入している場合であり、国民健康保険に加入しているフリーランスの人や、夫の扶養になっている専業主婦の人は、残念ながら対象外。しかし、「出産育児一時金」であれば、健康保険加入者も国民健康保険加入者もどちらも支給対象者となっています。

■産休手当はいくらもらえる?金額の計算方法

出典:photoAC

産休手当としてもらえる支給額は、1日につき給与の2/3程度と言われています。総額を割り出すためには、「支給される日数×1日あたりの支給金額」で計算することが可能。このため、出産する日や平均給与額によっても支給金額は変動します。
また、産休中に産休手当金よりも高い金額の給与が支払われている場合、手当金は支給されない仕組みとなっているため、注意が必要です。

■産休手当はいつもらえる?支給日は?

出典:photoAC

まず、産休手当を受け取るためには、「出産手当金支給申請書」という書類に必要事項を記入し、加入している健康保険組合先に提出をしなければなりません。その書類に不備がなければ、手当金が指定された銀行口座に入金されるのは、申請してから約2週間、長い場合は2カ月ほどかかります。健康保険組合先にもよりますが、だいたい申請後4~5カ月で受け取れたというケースが多いようです。

■産休手当の申請期限はいつまで?

出典:photoAC

産休手当を申請する期限は、産休に入った日の翌日から2年以内とされています。産後は慣れない育児につい申請することを忘れてしまいそうになりますが、期限を超過してしまうと手当金が受け取れなくなってしまうため、早めに対応するようにしましょう。

■扶養内パートやアルバイトの場合の産休手当

出典:photoAC

「産休手当を支給対象は、正社員のみ」と間違った認識をしてしまっている人も少なくありません。実際は、派遣社員やパート・アルバイトであっても、保険組合に加入している被保険者であれば、支給対象となります。支給額は原則給料の2/3ですが、時間計算の場合は、出勤日数や時短勤務によって給与額が低くなるため、産休手当金も同時に低くなる点には注意しておきましょう。

■産休中に退職した場合、産休手当はもらえる?

出典:photoAC

産休中に家庭の事情などでやむ負えず退職してしまった場合。この場合においても、つぎの条件を満たしていた場合には、産休手当を受け取ることが可能です。
・健康保険への加入期間が1年以上
・退職日において、産休手当の支給をすでに受けている。もしくは、支給条件を満たしている
上記を満たしている場合は、産休手当を受け取ることができるため、これらを踏まえたうえで退職日を決定するのも方法のひとつです。

■産休手当を利用して安心して出産に挑もう

出典:photoAC

産休中は働くことができないため、生活に支障を与えてしまうことを心配する人も少なくありません。けれど、そんな女性をサポートしてくれるのが産休手当です。
産休を予定通り取得できる人もいますが、なかには体調の関係で産休開始時期が早まってしまう人もいます。そんなときにも慌てないよう、あらかじめ産休手当についてしっかり理解しておけば安心ですね。ぜひ、今後出産の予定がある人は確認しておくようにしましょう。

haru

神戸出身の転勤族ママ。3歳になったやんちゃボーイは、めきめきとちびっこ怪獣に変身中。ネットで夜な夜なインスタ巡りをするのが趣味で、おしゃれな方のコーデや行きたい場所情報をチェックしています♪
【Instagram】haru__kirara
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!