Baby&Kids

笑顔で子育てするために“理想の育児”は少し横に置いておこう

vol.1187【1日1成長お母さん】理想はあくまでも最終目標。定期的な息抜きで余裕を持とう

頑張らないと気が済まないお母さんこそ息抜きを家事のカテゴリーに入れよう

“頑張らない子育てをしよう”というフレーズを見たことはありませんか?「それができたら苦労しないよ」と嘆く人もいるかもしれませんね。安心して下さい。そんな風に思うのは、毎日真剣に子どもと向き合っている証拠です。
子育ては思い通りにいかないことばかり。理想の育児を目指して頑張れば頑張るほど、現実との違いにイライラすることも。理想はあくまでも最終目標。理想を実現するために息抜きは必要です。“息抜き”も家事のカテゴリーに入れてみましょう。

人間は100%できっこない。“今日は無理”と割り切ると心が楽になります

何をもって“理想の育児”とするかは1人1人考え方が違います。例えば3度の食事やお弁当は全て手作りでないといけない、と思っているお母さん。せっかく作ったのに子どもが食べてくれないとイライラしてしまいますよね。
たまには作るのをお休みして、買ってきたお惣菜にして息抜きをすることも、子育てには必要かもしれません。“できない日もある”と割り切ることも大切。子どもや家族に対して苛立つ気持ちが減ってくるでしょう。

思いきって自分の時間を作ってみましょう。充電に罪の意識は必要なし

「息抜きしないといけないのは分かっているけど適当は嫌」「息抜きする時間があれば家事の1つでも進めたい」という努力家さん。「息抜きしたいけど家族の目があってできない」という人もいるでしょう。しかし1日中家事に育児に走っていては、いつか倒れてしまいます。携帯電話も充電しないとバッテリーが切れてしまいますね。
時には知恵を絞って、自分だけの楽しい時間を作ってみましょう。自分時間を満喫する事に、罪の意識は必要ありません。

“頑張らない育児”は自分時間を楽しむこと。豊かな子育てにも繋がっていく

“頑張る”という言葉は“頑なに意地を張る”という意味もあるそうです。“頑張る子育て”は、お母さんが理想を求め、こうあるべきだという一方的な思いを子どもに押し付けてしまうことにも繋がります。
知恵を絞り、息抜きをするための時間の使い方や、周りに協力を得ることも必要かもしれませんね。休息は結果的に子育てに余裕を持つことができ、豊かな子育てに繋がります。 “ホッとする時間”はお母さんに笑顔が生まれ、楽しい子育てに繋がっていくでしょう。

今日の1日1成長

お母さんも1人の女性。自分の時間を楽しみ子育ての活力にしよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの行動力も1成長。
ふじたみやこ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!