Baby&Kids

習い事は子どもが興味のあることだけをのびのびとさせよう

vol.1236【1日1成長お母さん】自分から興味を持ったことはやる気が出て夢中になれる

自分から面白いと感じたものにしか集中しないのは、2歳児では当たり前

2歳になると、そろそろ習い事をさせようと幼児教室に連れて行くお母さんもいるでしょう。けれども先生が準備してくれた課題をしてほしいのに別のことに夢中。周りの子が課題をこなす中、うちの子だけやらないとお母さんはヤキモキしますよね。
この時期の子どもは、自分が面白いと感じない事には集中できないのです。わが子には興味がありそうなことをどんどんやらせてあげましょう。
興味のないことを無理にやらせようとしても身につきません。

習い事選びは好きかどうかが鍵。男の子は興味があることには集中する

女の子は比較的いろいろな事に幅広く興味を持ち集中力を発揮します。しかし男の子は自分から気になり興味がある事にしか夢中になりません。人から促されただけのことでは興味が持てないため集中できないのです。
2歳は集中力を育てる時期。子どもの学びは好奇心→やる気→集中力の順番で育まれていきます。好きな事を自由にのびのびとやらせると、やる気を出して夢中になり集中力が育まれます。
子どもが楽しめるかどうかが習い事選びのポイントです。

親の願望を押しつけるのはNG。興味があるからやる気がどんどん出てくる

2歳のKくんは常にソワソワして落ち着きがありません。そんな様子をお母さんは悩んでいました。そこで少しでも落ち着いてほしいと武道に通わせましたが、先生の言うことを聞かず走り回ってばかり。なぜ集中してくれないのとお母さんはイライラしていました。
走るのが好きそうなので陸上の習い事を勧めると、早速体験レッスンに。なんとKくん、レッスン始まりのランニングから楽しそうに走り出し、その後も先生が出す課題に積極的に取り組むことができたのです。

いざ始めてみたものの途中で合わないことも。子どもの気持ちを最優先に

“習い事に集中してくれない”と悩むお母さんは多いですが、親が価値あると思う習い事でも子どもが楽しんでなければ身に付きません。また体験教室では楽しんでいたから入会したものの、途中で嫌になる子も出てきます。
実際に始めてみると自分の好きな事ではなかったと思う経験は大人でもありますね。習い事に見切りをつけるのは判断が難しいですが、一番大切なのは子どもの気持ちです。子どもが楽しめる習い事を親子で探してみてくださいね。

今日の1日1成長

男の子の習い事は好きかどうか、楽しんでいるかどうかをよく観察しよう
子どもの探求力も1成長、お母さんの判断力も1成長。
ふじたみやこ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!