Baby&Kids

子どものやる気は好奇心が土台。一緒にいろんな体験をしてみよう

vol.1213【1日1成長お母さん】親子で楽しめば、子どもの好奇心もさらに自然とふくらむ

やる気がないのは受け身な生活の繰り返しから。幼児期こそ好奇心で満たそう

子どもが小学生になるころ、うちの子やる気があまりないのでは…と心配になるお母さんがいます。「つまらない」という言葉に何をしてあげられるか心配にもなるでしょう。子ども自身も自分のしたいことをなかなか見つけられないのは、楽しいことではありません。
そんな子たちに圧倒的に不足しているものが“好奇心”です。感性をたくさん刺激して自分で感じる力を取り戻させてあげましょう。そのためには様々な体験が必要です。

やる気を湧かせるために、子どもの感性をたくさん刺激できる場所に行こう

慣れた屋内ばかりにいないで思い切って外に飛び出してみましょう。外には五感を刺激するものがたくさんあります。目に入る景色や体感する温度や季節感。太陽の光や鳥のさえずり。もっと自然を感じやすい場所に行くのもいいでしょう。
自然の中でのキャンプや自然に囲まれた場所での遊びは、五感を刺激する要素がたくさんあります。見たり、聞いたり、触ったり、嗅いだり、味わったり。意図的にたくさんの刺激を感じて感性を刺激してみましょう。

乳児期の土台が小学生になってから、それから先にも発揮されていきます

キッズコーチングでは好奇心の土台を作りを0歳児から始めていきます。
それは五感に十分な刺激を与えることで養われます。ベビーマッサージや声かけ、抱しめは愛情も一緒に伝えながら感性を刺激してくれます。
そして動けるようになったら、一見いたずらに見えるような興味を追究する経験をたくさんさせましょう。口に入れて何かを確かめたり、本棚の本を落としたり、キッチンにあるお玉とボールで音を出したり。
安全な環境の中で楽しめることが好奇心を深め、後のやる気に繋がります。

興味を追究する体験は、知らないことを知る力になる。まずは見本を見せよう

好奇心は大好きな図鑑の昆虫を実物で見ることでも満たされます。子どもの“好き”や生活を深く掘り下げ一緒に料理をしたり、楽器を弾いたり、絵を描いたりしながら子どもの疑問を質問で終わらせないようにしましょう。
ふとした疑問は貴重な好奇心の種まきとなるでしょう。幼児期は特に親の真似をして子どもが学んでいくことも多いです。親が何かに興味を持ち、楽しむ姿を見せましょう。子どもと一緒に楽しむことができれば効果も高まります。

今日の1日1成長

やる気が出ないときは外に出て自然に触れよう。五感への刺激が好奇心を育む
子どもの求める力も1成長、お母さんの努力も1成長。
さわどあさみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!