Baby&Kids

自分の意見を言えない子は強さと優しさを同時に持っている

vol.1245【1日1成長お母さん】オウム返しで共感を示して「言ってもいい」安心感を育もう

自己主張しないのは気が弱いのではなく状況を敏感に察知する能力の現れ

子どもが大人しすぎて困る…。そう言うと「あら、うるさいよりずっといいわよ」「きちんとしてるのよ、うちの子に爪の垢でも煎じて飲ませたいわ」という反応が多くなります。もっと積極的に行動してほしい、自分の意見を言ってほしい。そう思っているお母さんからすると、相談しようにもできなくなってしまいますね。
親としては少々心配な “大人しい”“自己主張しない”という資質は、実は周りの空気を読む細やかな優しさの裏返しでもあります。

意見を言わないことで優しさを発揮している。その裏にある強さに気づこう

まず、お母さんに知っておいてほしいことがあります。自己主張しないのは、決して悪いわけではありません。
このタイプの子は周りの反応を敏感に察知する力があり、自分の周囲が平和であることを好みます。状況を察知し、自分で判断して“主張しない”選択をしているのです。
これは欠点ではなく、社会を生き抜く術のひとつでもあります。判断能力があり自分より周りを優先できる、ある意味とても強い子だとも言えるのです。

上手に自己主張できるようになるにはお母さんが寄り添って共感を示そう

そうは言っても、大事な時には自分の気持ちを主張できるようになってほしいと願うのが親心。嫌なことは嫌、やりたいことはやりたいと言えるようになってほしいと願うお母さんは多いことでしょう。
そんな場合はまずお母さんが「あなたの気持ちは分かっているよ」と子どもに寄り添ってみてください。お母さんに対して自分の気持ちを言えるようになると、段々と他の人にも言えるようになります。寄り添い力を発揮するには、子どもの言葉をオウム返しにするのが一番です。

オウム返しは共感を示す最強のツール。言葉を繰り返して安心感を育てよう

例えば、子どもが「楽しかった!」と言ったら「楽しいね」、「悲しかった」なら「悲しかったのね」など、子どもが言った言葉をそのまま繰り返してください。そうすることで「自分の言ったことをお母さんが理解してくれた」と子どもが安心できます。
受け入れられる経験を繰り返すことで、自分の意見を言う練習になります。ぜひオウム返しで、内気な子に安心感を与えましょう。周りを尊重しながら自分の意見も伝えられる、芯のある優しい子に育つでしょう。

今日の1日1成長

内気な子が気持ちを言えるようになるにはオウム返しで共感を示すのが一番
子どもの発言力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
むらたますみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]