Baby&Kids

4歳児の「パパはイヤ」は不安の表れ。まずは抱きしめてあげよう

vol.1248【1日1成長お母さん】親しい人に暴言をはく子にはお母さんの思いを伝えよう

「パパはイヤ」に落ちこむ必要なし。子どもはお父さんの優しさに甘えている

「パパはイヤ!ママがいい!」と子どもに言われたらお父さんは落ちこんでしまいますね。なぜわが子はこんな事を言うのだろう、自分に問題があるのかと悩む人もいるかもしれません。
しかし子どもは本心からお父さんを嫌いだとは思っていません。むしろ普段から優しい人だからこそ、少しくらいの意地悪なら許してくれるだろうという甘えがあり、不安な気持ちをぶつけてしまうのです。
お母さんはその現場を見たときは適切な対応をする必要があります。

優しい人にイライラをぶつけてしまう子には、まずギュッと抱きしめてあげて

4歳頃になると、故意に優しい人に暴言を吐いてしまう子が出てきます。お母さんには嫌われたくないから言わないけれど、お父さんには言ってしまう子も。
4歳になると知能の発達とともに、不安な気持ちや抑えきれない感情が出てきます。その感情を優しい人にぶつけることで発散しているのです。
そんな時は、お母さんがギュッと抱きしめて感情を受け止めてください。そして「嫌なのね。でもパパにそんなことを言うなんてママは悲しいわ」と伝えてください。

お父さんの気持ちをしっかり伝えることで人の気持ちがわかるようになる

子どもはお母さんに抱きしめられ「嫌なのね」と気持ちを認めてもらえると安心します。するとお母さんの言葉が心に届きやすくなります。
その上で“パパを嫌うとママが悲しむ”こと、そして「パパはあなたのことが大好きなのよ」「パパは大好きなあなたに嫌いと言われるときっと悲しいと思うな」とお父さんの気持ちも伝えてください。
繰り返し伝えることで、だんだんと自分の言葉が人にどんな影響を与えるか理解できるようになります。

裏表があるのは社会性が付いてきた証。成長につれやがて意地悪は減ってくる

お父さんだけでなくおじいちゃんおばあちゃんに感情をぶつける子もいます。このような言動が続くと、お母さんは子どもが裏表のある性格のまま成長するのかと心配になりますね。人によって態度を変えるのは、社会性が身についてきた成長の証。
お母さんが「嫌なのね」と子どもの気持ちを受け止め抱きしめることを続けてください。やがて自分自身でネガティブな感情の切りかえができるようになれば、親しい人への意地悪な言動は減ってくるでしょう。

今日の1日1成長

「パパ嫌い」という子には「嫌なのね。でもママは悲しい」と伝えよう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
ふじたみやこ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]