Baby&Kids

2人以上の子育ては平等でなくていい。必要なのは公平であること

vol.1281【1日1成長お母さん】公平な子育てを意識すれば2人以上育児も気楽にできる

2人以上育児では“平等”ではなく“公平”を目指すのがうまくいく秘訣

小さい子どもが2人以上いるお母さんは「子どもを同じように扱っているか」が大きな課題と感じることが多いようです。
より手のかかる子に多くの時間をさいたり、聞き分けの良い子に負担をかけてしまったり。後になってしまったと思い、子どもを不平等に扱っているのでは?と不安になることもありますよね。
安心してください。子どもたちはお母さんに平等を求めているわけではありません。

平等と公平の違いを知ろう。“公平”こそが2人以上育児の最強の味方

“平等”とはそれぞれの子どもの特性や年齢に関わらず、全く同じ機会を提供することです。
それに対し“公平”とは同じ結果が得られるようにそれぞれの子に合わせた機会を提供すること。平等は与えるものが同じで結果が異なるのに対し、公平は同じ結果を目指して与えるものを変えるのです。
子育てに必要なのは公平であること。それぞれの気持ちや特性に合わせたサポートをすることで子どもの気持ちは満たされます。

同じ願望でも満たし方は違う。それぞれのニーズに寄り添うとうまくいく

5歳のK君と4歳のC君は元気いっぱいの兄弟です。2人ともお母さんが大好きで、取り合いになることもしばしば。
お母さんはある時それぞれに「あなたはどうしたいの?」と聞いてみたそうです。「2人とも全く違う返事でびっくりしたわ」とお母さん。
「上の子は一緒に公園で遊んでほしいって言って、下の子は二人だけでゆっくりお風呂に入りたいって言うの」お母さんと一緒にいたいという目的は同じでも、どう過ごしたいかが子どもによって違っていたのです。

「どうしたいの?」で気持ちを引き出して、その子にぴったりな子育てを

公平な子育ては、一人ひとりに寄り添う子育てです。子どもの気持ちを知るのにぴったりな言葉がけが「どうしたいの?」です。こうする?ああする?と聞くよりも、自由に答えられる質問にすれば、子どもも思いを伝えやすくなります。
それぞれの子どもにそれぞれの考えがあります。ぜひ「どうしたいの?」で子どものニーズを知り、肩の力を抜いた子育てを楽しみましょう。

今日の1日1成長

兄弟それぞれに寄り添う秘訣「どうしたいの?」の質問で気持ちを引き出そう
子どもの自己開示力も1成長、お母さんの包容力も1成長。
むらたますみ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!