Baby&Kids

4歳児のわがまま、感情のコントロールができるように導くヒント

vol.1316【1日1成長お母さん】わがままやかんしゃくは不安を表現、寄り添って問題解決まで導く

4歳での成長は子どもの心に大きく影響しています。丁寧な対応を心がけよう

子どもが4歳になって一段とわがままになったり、今までできていたことができなくなることがあります。1歳のイヤイヤ期が戻ってきたのではと感じることも。
でもそれは新たな成長が始まっているからです。4歳は脳の発達から見ても成長の節目、変わり目。成長して分かるようになったからこそ感じる不安や自分の思いへの対応に子ども自身も迷い感情的になることがあります。子どもと次のステップを一緒に越えましょう。

自分の抱えている気持ちの正体に気づけず、うまく言葉にできないことがある

4歳のKちゃんが保育園の帰り道に公園で遊んでいると「お母さんのど渇いた~」と言ってきます。普通に言ってくれたらいいものを、感情的にグダグダという姿にお母さんもイライラ。
あいにく水筒を持ってきておらず「じゃあ家に帰ろう」というともっと感情的になるKちゃん。お母さんもつい強く出てしまいがちですが、子どもの心に寄り添って感情のコントロールを学べるよう導きましょう。
まずは「のどが渇いたのね」と言葉を繰り返すことから。

子どもに“どうしたいか”“どうしたらいいか”考えさせる時間を持とう

言葉を繰り返し受け止めたら「どうしたいの?」と尋ねます。「何か飲みたい…」「何か飲みたいんだね。今日は水筒を持ってこなかったから、一度お家に帰ろうか?」「それとも向こうの自動販売機でお茶を買おうか?」「どうする?」と聞くと「まだ遊びたいからお茶買ってほしい」と。
のどが渇いたとイライラしても八つ当たりや人を不快にする言い方は良くありません。どうしたいか考える時間が、自分の感情を受け入れコントロールする練習にもなります。

イライラは具体的な解決方法を言葉にすることで感情コントロールに繋がる

暑ければ脱ぐ、寒ければ着る、疲れたら休む、要求を通したかったら交渉する。具体的な問題解決の方法をアドバイスすることで子どもは感情をコントロールしていきます。
また要求を通すには努力や我慢、工夫が必要なことも学んでいきましょう。4歳の成長の節目は何かと不安やストレスも感じやすい時です。不快な感情をただ表現するだけで終わらせず、どうしたらいいか問題解決までできるよう導くことが気持ちの整理になるでしょう。
かんしゃくに隠れた不安な気持ちも解決策が見えると少しずつ対応できるはずです。

今日の1日1成長

気持ちを受け止め「どうしたい?」で考えさせよう。自らの感情の整理になる
子どもの表現力も1成長、お母さんの抱擁力も1成長。
さわどあさみ(文)わたなべみゆき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!