Baby&Kids

「お母さん嫌い!」にはお母さんの大好きな気持ちを素直に返そう

vol.1334【1日1成長お母さん】子どもが意地を張れるのは、お母さんの愛を確信しているから

幼児期にも反抗期はある。自我が芽生え、言葉巧みにお母さんに反発し始める

2歳のイヤイヤ期が終わったと思っても、しばらく経った4歳頃から根気の必要な子育てを経験するお母さんも多いでしょう。このころの反抗に手こずるのは、意地を張る時間が以前より伸びているからです。
言葉を多く知っているからこそ、言葉での屁理屈や文句が増えます。子どもの言葉にイラっとして「うるさい!もう知らない!」と感情的に怒ってしまったという経験を初めてするお母さんが多いのもこの時期です。

子どもにとっての最終兵器!お母さんなんて大嫌いに隠された本当の心

Sくんは5歳の男の子。甘えん坊でお母さんが大好きなSくんは、お母さんの話をよく聞くので子育てに苦労を感じたことがありませんでした。
しかし4歳の誕生日を過ぎて少し経った頃です。Sくんに「片付けてから出かけようね」と伝えるとブツブツいいながら怒り始め、最後には「お母さんなんて大嫌い!」と言いはなちました。
急に言われたお母さんはショックです。「なんでそんなこと言うの!」と感情的に返すとSくんはびっくりして大泣きしてしまいました。

子どもの表面的な言葉に惑わされず、お母さんが素直な気持ちを伝えよう

Sくんの「大嫌い」はお母さんを傷つける最終兵器だったのでしょう、つまりSくんは自分のことが大好きなお母さんはこの言葉で傷つくと思っていた確信犯かもしれません。お母さんの愛が伝わっている証拠ですね。
「大嫌い」と言われるとイラっとしてしまうこともありますが、本当に嫌われている訳ではないことはお母さんだって分かっているはずです。「お母さんも嫌い!」と意地を張り合うことはやめて「お母さんは悲しい」や「お母さんは大好きなのに」と素直な気持ちを伝えましょう。

お母さんの気持ちを伝えることで、相手の気持ちを想像する力が育つ

お母さんが自分の気持ちを伝える効果は、絶大です。
子どもからの「大嫌い」と言う言葉に言い返して傷つけるのではなく「悲しくなった」と言うお母さんの素直な気持ちを伝えると、自分の発言が相手をどのような気持ちにするのか理解することができます。
身近な人の気持ちを想像することで家族以外の人への思いやりも育ちます。
どんなときもお母さんが「大好き」と伝えることで愛が伝わり子どもの情緒も安定することでしょう。

今日の1日1成長

「大嫌い!」には「悲しい」と伝え、相手の気持ちを想像する力を育てよう
子どもの思いやる力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
かわさき ちか(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]